南アルプスあぷとライン(大井川鐵道井川線)

南アルプスあぷとライン(大井川鐵道井川線)

静岡県榛原郡川根本町の千頭駅から静岡市葵区の井川駅までの25.5kmを1時間50分で結ぶトロッコ列車。正式名は大井川鐵道井川線で、日本で唯一のアプト式鉄道(ラック式鉄道)。大井川の電源開発のダム建設の際に物資輸送に築かれた鉄道が観光向けに転用されたもの。

アプトいちしろ~長島ダム間は日本で唯一のアプト式

もともとは大井川水系、寸又川水系の発電所を建設するにあたって富士電力、大井川電力(ともに現在の中部電力)が敷設した工事用の鉄道が前身(現在も鉄道資産は中部電力が保有)。
井川ダム(昭和32年完成)の建設が決定し、昭和29年に井川駅、堂平駅(井川駅の先)まで延伸され、昭和34年8月1日、中部電力専用鉄道を大井川鉄道が引き継ぎ、旅客輸送を開始しています。

昭和57年に、一部区間では国内唯一のアプト式が採用され(平成2年完成)、鉄道日本一の急勾配1000分の90を登っています。
アプト式区間はアプトいちしろ~長島ダムの間のみ。
それでも本来が電源開発用の鉄道のため、奥大井湖上駅など駅の半数がいわゆる秘境駅。
井川本村(井川ダム建設で旧井川村の3分の1が水没)への足ということもあり、赤字額は中部電力が負担しています。

軌間は、昭和10年の開業当時は762mmのナローゲージ(特殊狭軌)でしたが、昭和11年に1067mm(狭軌)に改軌しています(トンネルなどの関係で、車両はナローゲージに近い感じです)。
また、昭和46年4月1日に、井川駅〜堂平駅間を休止し、休止線のまま(線路があります)井川湖畔遊歩道に活用。

紅葉の名所である関の沢橋梁(せきのさわきょうりょう/尾盛駅~閑蔵駅の間)は、川底からの高さは70.8mで、日本一高い鉄道橋です。

車利用の場合は千頭駅には駐車場がないため、新金谷駅近くの駐車場に車を入れ、千頭駅まで大井川鐵道を利用するのが一般的。

新金谷駅から千頭駅のマイカー陸送を利用するのも手です。
陸送は大鉄タクシー金谷営業所に申し込みを。

南アルプスあぷとライン(大井川鐵道井川線)
名称 南アルプスあぷとライン(大井川鐵道井川線)/みなみあるぷすあぷとらいん(おおいがわてつどういかわせん)
所在地 静岡県榛原郡川根本町千頭〜静岡市葵区井川
関連HP 大井川鐵道公式ホームページ
問い合わせ 大井川鐵道南アルプスアプトセンター TEL:0547-59-2137/FAX0547-59-2143
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
井川展示館

井川展示館

静岡県静岡市葵区井川、井川ダムのダムサイトにある中部電力のPR施設が井川展示館。井川展示館では、水力発電の仕組みやダムの役割、大井川の自然と電気の関係などを、資料や映像を使ってわかりやすく解説している。2階の展望フロアは、ガラス越しに井川ダ

千頭駅転車台

千頭駅転車台

静岡県榛原郡川根本町千頭にある大井川鐵道大井川本線の終着駅が千頭駅(せんずえき)。井川線(いかわせん=南アルプスあぷとライン)の乗換駅になっていますが、SL急行「かわね路号」や特急「きかんしゃトーマス号」など、新金谷駅始発のSL列車の終着駅

新金谷駅転車台

新金谷駅転車台

静岡県島田市にある大井川鐵道大井川本線の駅が新金谷駅。大井川鐵道はSL急行「かわね路号」や特急「きかんしゃトーマス号」 などのSL列車の運転を行なっています。そのため同駅には、蒸気機関車の方向転換を図る転車台(ターンテーブル)が設置されてい

奥大井湖上駅

奥大井湖上駅

静岡県榛原郡川根本町にある大井川鐵道井川線の駅が奥大井湖上駅。その名の通り、接岨湖(大井川を堰き止めた長島ダムのダム湖)に突き出した半島にあり、1面1線のホームの前後は、「レインボーブリッジ」と呼ばれる橋梁。まさに湖上に浮かぶ駅といった雰囲

大井川鐵道で近鉄特急が活躍中!

SL急行「かわね路号」や特急「きかんしゃトーマス号」などの運転で人気の大井川鐵道ですが、実は、鉄道ファンや関西の年配の人には、もうひとつ注目の電車があるのです。それが大井川鐵道16000系といわれる、元近鉄の特急(現在も近鉄南大阪線では特急

井川湖畔遊歩道

井川湖畔遊歩道

静岡県静岡市葵区井川、大井川本川上流部に昭和32年に建設された井川ダムのダム湖、井川湖の湖畔にある遊歩道が井川湖畔遊歩道。「廃線小路」と通称されるのは井川ダムと堂平駅(貨物駅)を結んでいた昭和29年開業の中部電力専用鉄道(後の大井川鐵道井川

井川大仏

井川大仏

静岡県静岡市葵区、井川ダムのダム湖である井川湖の湖畔にある巨大な露座の大仏が、井川大仏(いかわだいぶつ)。井川診療所の歯科医だった佐藤平市郎が、60年間の健康に感謝をこめ4年の歳月をかけて建立した像高11mの大仏で、昭和55年11月1日に開

井川湖渡船

井川湖渡船

静岡県静岡市葵区井川、大井川本川上流部に昭和32年に建設された井川ダムのダム湖、井川湖の湖畔に就航するのが井川湖渡船。ダム湖の完成で分断されたアクセス路の代替で運航されるもので、井川本村〜井川ダム、井川本村〜宮向が航路で、無料で乗船可能(周

関の沢橋梁

関の沢橋梁

静岡県榛原郡川根本町と静岡市葵区の境、大井川鐵道井川線の尾盛駅(おもりえき)~閑蔵駅(かんぞうえき)間にある大井川の支流で、大無間山(2329.6m)から流れ出す関の沢川に架けられた鉄道橋が関の沢橋梁(せきのさわきょうりょう)。川底からの高

アプトいちしろ駅

アプトいちしろ駅

静岡県榛原郡川根本町にある大井川鐵道井川線の駅が、アプトいちしろ駅。井川線は南アルプスあぷとラインとの愛称がありますが、実際にラック式鉄道(アプト式)を採用しているのは井川線で唯一の電化区間でもあるアプトいちしろ駅〜長島ダム駅間のみで、

長島ダム駅

長島ダム駅

静岡県榛原郡川根本町にある大井川鐵道井川線の駅が、長島ダム駅。平成13年に大井川の上流部に完成した長島ダムの最寄り駅で、このダムの建設によって井川線は一部が水没するため、架替えが行なわれ、アプトいちしろ駅〜長島ダム駅間が日本で唯一のラック

大井川鐵道井川線・日本一の急勾配(90‰)

大井川鐵道井川線・日本一の急勾配(90‰)

静岡県榛原郡川根本町、大井川鐵道井川線のアプトいちしろ駅〜長島ダム駅間は、最大90‰(パーミル)という日本一の急勾配。その急勾配をラックレールを敷いたアプト式で克服しています。アプトいちしろ駅を出発すると、いきなり最初のカーブから90‰

南アルプスあぷとライン(大井川鐵道井川線)

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!