伊豆国分寺塔跡(伊豆国分寺)

伊豆国分寺塔跡(伊豆国分寺)

静岡県三島市泉町にある日蓮宗の寺、伊豆国分寺。天平13年(741年)、聖武天皇が下した詔により、全国に建てられた国分寺(金光明四天王護国之寺)の後継寺院で、境内には塔跡、基壇、8個の礎石が残され、伊豆国分寺塔跡国の史跡になっています。

伊豆国分寺塔跡は国の史跡に

伊豆国分寺塔跡(伊豆国分寺)

創建当初の伊豆国分寺の伽藍は荒廃し、その後真言宗の寺として再建されましたが、戦国時代に戦火で焼失。
大正12年に日蓮宗の称蓮寺が建立され、昭和29年に伊豆国分寺と改称しています。
昭和31年の発掘調査で、建立当初に存在していた塔跡と基壇、8個の礎石などが発見されています。
塔の高さは60mだったろうと推測され、奈良時代には、この地に2町(214m)四方を寺域とする大伽藍が建っていたのです。

伊豆国の国府は伊豆国の総社、一之宮を兼ねる三嶋大社の近くにあったと推測されていますが、国府跡の遺構はまだ見つかっていません。
伊豆国分尼寺跡は、祐泉寺境内には塔礎石が残され、国分尼寺跡でないかといわれています。

伊豆国分寺塔跡(伊豆国分寺)
伊豆国分寺塔跡(伊豆国分寺)
名称 伊豆国分寺塔跡(伊豆国分寺)/いずこくぶんじとうあと(いずこくぶんじ)
所在地 静岡県三島市泉町12-31
関連HP 三島市公式ホームページ
電車・バスで 伊豆箱根鉄道三島広小路駅から徒歩5分。または、JR三島駅から徒歩15分
ドライブで 東名高速道路沼津ICから約6.7km
駐車場 10台/無料
問い合わせ 伊豆国分寺 TEL:055-975-2036
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
伊豆国分尼寺跡(祐泉寺)

伊豆国分尼寺跡(祐泉寺)

静岡県三島市、三島市役所の東側にあるのが伊豆国分尼寺跡(祐泉寺)。天平13年(741年)、聖武天皇が下した詔により、全国に建てられた国分尼寺(法華滅罪之寺)のひとつで、伊豆国の国府近くに建てられたもの。臨済宗の寺、祐泉寺の境内に西塔の礎石と

伊豆国分寺塔跡(伊豆国分寺)

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!