ペリー艦隊来航記念碑

ペリー艦隊来航記念碑

静岡県下田市3丁目、下田港の稲生沢川河口、ペリー上陸記念公園に立つのが、ペリー艦隊来航記念碑。嘉永7年3月21日(1854年4月18日)、ポーハタン号に乗船したマシュー・ペリー提督は、下田港に入港。ペリー提督の胸像、アメリカ海軍から寄贈された錨が飾られています。

ペリーが残した大きな足跡を顕彰した胸像などが並ぶ

ペリーは、下田来航・上陸の前年、嘉永6年6月3日(1853年7月8日)に4隻の軍艦(サスケハナ、ミシシッピ、サラトガ、プリマス)で浦賀に来航し、開国(日本とアメリカの友好と通商、アメリカ船への石炭と食料の供給、難破民の保護)を要求するフィルモア・アメリカ合衆国大統領の国書を幕府に届けますが、幕府は回答を延期。

嘉永7年1月16日(1854年2月13日)、ペリーは軍艦9隻を率い、再び浦賀に来航、江戸湾へ入港し(9隻が江戸湾に揃うのは旧暦2月21日)、武力を背景に開国を迫り、ついに嘉永7年3月3日(1854年3月31日)、武蔵国横浜村(現・横浜市中区)で、日米和親条約(神奈川条約)の締結にこぎつけます。

日米和親条約(神奈川条約)では、下田・箱館(はこだて)2港の開港、漂流民の救助と撫恤(ぶじゅつ=慈しむこと)、開港場での必需品提供と外人遊歩区域の設定、アメリカへの最恵国待遇、調印から18ヶ月以後における下田への外交官派遣の許可など12条が定められますが、ペリーはすぐに下田へと向かったのです。
江戸湾に入ったペリー艦隊9隻のうち、サスケハナは中国へ、サラトガは本国へ条約を携えて帰ったため、下田には7隻が来航しています。

ペリー艦隊の下田滞在は70日を数え、そのうち1ヶ月は翌年3月開港となる箱館の調査に費やしています。
非公式ながら、3月24日には上陸し、了仙寺で饗応が行なわれたため、幕府は下田奉行に伊沢美作守(いざわみまさかのかみ)を任命し、応接にあたらせています。

5月13日、ペリー一行は幕府側との会見にあたって祝砲を轟かせ、大砲4門を先頭に曳いて、軍楽隊演奏に合わせ300人もの水兵が、了仙寺まで行進し、下田の人々を驚かせています(この道が現在のペリーロード)。

下田港では、嘉永7年5月22日(1854年6月17日)、上陸して了仙寺本堂で、和親条約の細則を定めた全13ヶ条からなる下田条約を締結、5月25日に条約書の交換が行なわれ、目的を果たしたペリー艦隊は6月1日帰国のため、下田港を出港しています。

大役を担ったペリーは、帰国後、1857年に海軍を退役し、『ペリー艦隊日本遠征記』(Narrative of the Expedition of an American Squadron to the China Seas and Japan)の執筆に尽力、1858年3月4日ニューヨークで死去(63歳)しています。

下田来航日(旧暦)艦名艦種積載量責任者
3月18日サウサンプトン帆走補給艦567tボイル大尉
3月18日サプライ帆走補給艦547tシンクレア大尉
3月20日レキシントン帆走補給艦691tグラソン大尉
3月20日バンダリア帆走スループ700tホープ中佐
3月21日ポーハタン(ペリー提督乗船)蒸気外輪フリゲート2415tマックラニー大佐
3月21日ミシシッピー蒸気外輪フリゲート1692tリー中佐
4月6日マセドニアン帆走フリゲート1341tアボット大佐
(小笠原へ食糧調達に行っていたため、マセドニアンは遅れて入港)
ペリー艦隊来航記念碑
名称 ペリー艦隊来航記念碑/ぺりーかんたいらいこうきねんひ
所在地 静岡県下田市3-6-6
関連HP 下田市公式ホームページ
電車・バスで 伊豆急下田駅から徒歩20分
ドライブで 西湘バイパス石橋ICから約90km
駐車場 なし
問い合わせ 下田市観光交流課 TEL:0558-22-3913
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
了仙寺

了仙寺

静岡県下田市にある日蓮宗の寺、了仙寺(りょうせんじ)。寛文12年(1635年)の下田奉行・今村正長が創建した寺で、下田条約締結の地として、国の史跡に指定。境内に隣接した場所に了仙寺の宝物館が建っています。境内から参道にかけて無数のアメリカジ

ペリーロード

ペリーロード

静岡県下田市、ペリー艦隊来航記念碑のある下田港から了仙寺へと続く平滑川沿いの道が、ペリーロード。嘉永7年5月13日(1854年6月8日)、軍楽隊演奏に合わせ300人ものペリー艦隊水兵が行進し、下田の人々を驚かせた道です。現在では喫茶店や骨董

ペリー艦隊来航記念碑

おすすめ

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!