徳川家康公之像(静岡駅北口広場)

徳川家康公之像(静岡駅北口広場)

静岡県静岡市葵区黒金町、JR静岡駅北口広場に立つのが、徳川家康公之像。徳川家康公之像は駿府城公園(駿府城本丸跡)にもありますが、静岡駅北口広場が壮年期、駿府城が大御所時代のもの。静岡駅北口広場には今川義元の人質時代だった竹千代君・今川義元公像も立っているのでお見逃しなく。

手に采配を持つ壮年時代の家康像

徳川家康公之像(静岡駅北口広場)

静岡駅北口広場は、政令指定都市静岡市の玄関口の整備を目的に平成20年9月に完成。
徳川家康の駿府城入城400年を記念して行なわれた『大御所四百年祭』の一環で、静岡市内には幼少期、壮年期、晩年の大御所時代(駿府城公園・駿府城本丸跡)の3体の家康像があることに。

像を制作したのは、駿府城公園の徳川家康公之像を制作した堤達男の子、彫刻家・堤直美。
同じ静岡駅北口広場に「大御所家康公駿府入城四百年祭」の記念事業の一環として同時に設置された人質時代の「竹千代君・今川義元公像」も堤直美制作で、今では親子で徳川家康の像3体を後世に残しています。
西伊豆出身の堤親子に3体を委ねたことで、幼少期、壮年期、晩年の大御所時代が一貫する像になっているので、興味のある人はぜひ見比べを。

大御所の像は鷹狩に興じる家康ですが、静岡駅北口広場の家康像は、手に「采配」(さいはい)を持つ凛々しい姿。
幾多の合戦で困難な状況を打破し、歴史を動かす決断を下す瞬間を表現しているのだとか。

壮年期というのは、本能寺の変で織田信長が没した後、徳川家康は羽柴秀吉(はしばひでよし)との覇権争いに敗れ、戦略的な観点から居城を浜松城から、駿府城へと移した時代。
酒井忠次とともに家康の片腕として活躍した石川数正(いしかわかずまさ)が、秀吉との雌雄を決める、小牧・長久手の戦いの後に出奔して豊臣秀吉に臣従。
つまりは家康を裏切った石川数正のため、三河勢の軍事的機密を知り尽くし、浜松城内の手の内を読まれてしまう恐れがあったので、駿府へと居城を移し、駿府を中心に、三河・遠江・駿河・甲斐・信濃の5ヶ国を経営しています。

駿府に移る前に羽柴秀吉と和解した家康は、秀吉の異母妹・旭姫を妻として迎え入れています(政略結婚で別居)。
この時、家康45歳、旭姫44歳でした。
浜松から駿府へと居城を移した家康ですが、当時の駿府は徳川と武田の戦乱でかなり荒れ果ており、家臣も浜松に残ることを希望し、『藩翰譜』にも、当初は大久保忠隣のみが移ったと記されています。

家康は、駿府で領国支配の法令「七カ条」を制定していますが、中世末期において近世的な制度を導入し、軍事体制の強化を図っています。
天正18年(1590年)、太閤となった豊臣秀吉の命令で、小田原攻め(北条攻め)に参加し、北条氏が滅亡後は、5ヶ国と交換に関東に国替えとなり(秀吉が東海を掌握する家康の経済力、軍事力を警戒)、江戸入封となったため、わずか4年で駿府を去っています。
その間に、駿府城の築城だけでなく、今川家の人質時代に元服した静岡浅間神社の社殿の造営、臨済寺の再興なども行なっています。

徳川家康公之像(静岡駅北口広場)
名称 徳川家康公之像(静岡駅北口広場)/とくがわいえやすこうのぞう(しずおかえききたぐちひろば)
所在地 静岡県静岡市葵区黒金町地内 JR静岡駅北口駅前広場内
関連HP 静岡市公式ホームページ
電車・バスで JR静岡駅から徒歩3分
ドライブで 東名高速道路静岡ICから約4km
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 静岡市市街地整備課 TEL:054-221-1413
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
徳川家康公之像(駿府城本丸跡)

徳川家康公之像(駿府城本丸跡)

静岡県静岡市葵区、駿府城公園の駿府城本丸跡(沈床園)に立つのが、徳川家康公之像。徳川家康が余生を送る地と定め、将軍を息子の秀忠に譲った後も大御所として権力を維持した隠居の城に立つ像で、まさに駿府城公園(駿府城本丸、二ノ丸跡)のシンボル的な存

竹千代君・今川義元公像

竹千代君・今川義元公像

静岡県静岡市葵区黒金町、JR静岡駅北口に立つのが、竹千代君・今川義元公像。竹千代は、徳川家康の幼名で、8歳〜19歳の間、駿府の今川義元の元で、人質生活を送っていますが、その時の姿を表した像を静岡駅北口広場に平成21年3月19日に除幕、設置し

プラモニュメント(プラモデル型公衆電話)

プラモニュメント(プラモデル型公衆電話)

静岡県静岡市葵区黒金町、JR静岡駅のコンコース、北口地下への階段横(パルシエ東館側)にあるのが、プラモニュメント(プラモデル型公衆電話)。静岡市の観光交流人口の増加を目的としたプロジェクト「静岡市プラモデル化計画」の一環で、NTT西日本の協

プラモニュメント「模型の世界首都 静岡」

プラモニュメント「模型の世界首都 静岡」

静岡県静岡市駿河区南町、JR静岡駅南口広場のルノワールの彫刻像《勝利のヴィーナス》、《洗濯する女》近くに配されているのが、プラモニュメント「模型の世界首都 静岡」。静岡市の観光交流人口の増加を目的としたプロジェクト「静岡市プラモデル化計画」

プラモニュメント(ボックスアート)

プラモニュメント(ボックスアート)

静岡県静岡市駿河区南町、JR静岡駅南口広場のプラモニュメント「模型の世界首都 静岡」近くにあるのが、プラモニュメント(ボックスアート)。ともに静岡市の観光交流人口の増加を目的としたプロジェクト「静岡市プラモデル化計画」第1弾で設置されたもの

徳川家康公之像(静岡駅北口広場)

おすすめ

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!