竹千代君・今川義元公像

竹千代君・今川義元公像

静岡県静岡市葵区黒金町、JR静岡駅北口に立つのが、竹千代君・今川義元公像。竹千代は、徳川家康の幼名で、8歳〜19歳の間、駿府の今川義元の元で、人質生活を送っていますが、その時の姿を表した像を静岡駅北口広場に平成21年3月19日に除幕、設置したもの。

駿府で今川義元の人質として過ごした竹千代の像

竹千代君・今川義元公像

静岡駅北口広場は、政令指定都市静岡市の玄関口の整備を目的に平成20年9月に完成。
徳川家康の駿府城入城400年を記念して行なわれた『大御所四百年祭』の一環で、静岡市内には幼少期、壮年期、晩年の大御所時代(駿府城公園・駿府城本丸跡)。

像を制作したのは、駿府城公園の徳川家康公之像を制作した堤達男の子、彫刻家・堤直美。
少年時代は「仕事を手伝わされるので、アトリエに近づかなかった」(堤直美)ということですが、同じ静岡駅北口広場に「大御所家康公駿府入城四百年祭」の記念事業の一環として同時に設置された壮年期の「徳川家康公之像」も堤直美制作で、今では親子で徳川家康の像3体を後世に残しています。
西伊豆出身の堤親子に3体を委ねたことで、幼少期、壮年期、晩年の大御所時代が一貫する像になっているのです。

文化都市・駿府で過ごした徳川家康にはメリットもあった!

徳川家康は3歳で母と生き別れして、織田家の人質に、そして父親とは8歳で死別するという苦難の幼少期で、駿府に来た当時も病弱であったために祖母(母・於大の方の母親、源応尼、後の華陽院)が付き添って面倒をみています。

今川家の軍師でもあった臨済寺の太原雪斎(たいげんせっさい)の勉学指導を受けるなど、当時、「戦国の雄」として君臨した今川義元の元で、人質というよりも、政務見習いといった感じだったと推測できます。
しかも駿府は周防(すおう)の大内氏の山口、北陸・越前の朝倉氏の一条谷とともに、戦国三大文化都市といえる地で、京の公家文化も色濃く漂っていました。

弘治元年(1555年)、今川義元は、14歳になった竹千代に「元」の一字を与えて、松平次郎三郎元信と名乗らせて元服させています。
さらに弘治3年(1557年)、元信は蔵人元康と改名、16歳で瀬名姫(今川義元の姪)と政略結婚し、直後に西三河攻めを今川義元に命じられ初陣を飾っています。
桶狭間で今川義元が織田信長に討たれ、元康(家康)は、ようやく家臣の待つ岡崎城へと戻っています。

再び駿府の地に入るのは、本能寺の変で織田信長が没した後、天正14年(1586年)、秀吉と距離をおいて、浜松城から駿府城へと移った時です(家康45歳)。
防衛的な意味合いが大きかった居城の移転ですが、駿府を気に入っていたということも理由のひとつでしょう。

竹千代君・今川義元公像
名称 竹千代君・今川義元公像/たけちよぎみ・いまがわよしもとこうぞう 
所在地 静岡県静岡市葵区黒金町地内・JR静岡駅北口駅前広場内
関連HP 静岡市公式ホームページ
電車・バスで JR静岡駅から徒歩3分
ドライブで 東名高速道路静岡ICから約4km
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 静岡市市街地整備課 TEL:054-221-1413
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
徳川家康公之像(駿府城本丸跡)

徳川家康公之像(駿府城本丸跡)

静岡県静岡市葵区、駿府城公園の駿府城本丸跡(沈床園)に立つのが、徳川家康公之像。徳川家康が余生を送る地と定め、将軍を息子の秀忠に譲った後も大御所として権力を維持した隠居の城に立つ像で、まさに駿府城公園(駿府城本丸、二ノ丸跡)のシンボル的な存

徳川家康公之像(静岡駅北口広場)

徳川家康公之像(静岡駅北口広場)

静岡県静岡市葵区黒金町、JR静岡駅北口広場に立つのが、徳川家康公之像。徳川家康公之像は駿府城公園(駿府城本丸跡)にもありますが、静岡駅北口広場が壮年期、駿府城が大御所時代のもの。静岡駅北口広場には今川義元の人質時代だった竹千代君・今川義元公

プラモニュメント(プラモデル型公衆電話)

プラモニュメント(プラモデル型公衆電話)

静岡県静岡市葵区黒金町、JR静岡駅のコンコース、北口地下への階段横(パルシエ東館側)にあるのが、プラモニュメント(プラモデル型公衆電話)。静岡市の観光交流人口の増加を目的としたプロジェクト「静岡市プラモデル化計画」の一環で、NTT西日本の協

プラモニュメント「模型の世界首都 静岡」

プラモニュメント「模型の世界首都 静岡」

静岡県静岡市駿河区南町、JR静岡駅南口広場のルノワールの彫刻像《勝利のヴィーナス》、《洗濯する女》近くに配されているのが、プラモニュメント「模型の世界首都 静岡」。静岡市の観光交流人口の増加を目的としたプロジェクト「静岡市プラモデル化計画」

プラモニュメント(ボックスアート)

プラモニュメント(ボックスアート)

静岡県静岡市駿河区南町、JR静岡駅南口広場のプラモニュメント「模型の世界首都 静岡」近くにあるのが、プラモニュメント(ボックスアート)。ともに静岡市の観光交流人口の増加を目的としたプロジェクト「静岡市プラモデル化計画」第1弾で設置されたもの

竹千代君・今川義元公像

おすすめ

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!