徳川家康公之像(駿府城本丸跡)

徳川家康公之像(駿府城本丸跡)

静岡県静岡市葵区、駿府城公園の駿府城本丸跡(沈床園)に立つのが、徳川家康公之像。徳川家康が余生を送る地と定め、将軍を息子の秀忠に譲った後も大御所として権力を維持した隠居の城に立つ像で、まさに駿府城公園(駿府城本丸、二ノ丸跡)のシンボル的な存在。

駿府で鷹狩に興じる家康を表現した家康晩年の姿

徳川家康公之像(駿府城本丸跡)

徳川家康は、8歳〜19歳に今川家の人質として暮らした時代、天正13年(1585年)に駿府城を築城し、三河・遠江・駿河・甲斐・信濃の5ヶ国を支配した壮年期、晩年の65歳から亡くなる75歳までの10年間を駿府で過ごしていますが、静岡駅前の像が若き竹千代時代と壮年期、そして駿府城本丸跡が、晩年(大御所時代)の像となっています。
晩年の姿を表した徳川家康公之像は、高さ6.5m(像高3.5m)の銅像。
昭和48年11月、静岡市観光協会創立40周年を記念して建立されたもので、賀茂郡仁科村(現・西伊豆町仁科)出身で、西伊豆で創作活動を続けた堤達男(つつみたつお)の制作。

『清水次郎長像』(梅蔭寺)、御前崎ケープパークの『潮騒の像』、入江長八胸像(松崎町・浄感寺)、『草原を駆ける男』(伊豆スカイライン・亀石峠)で知られる彫刻家で、駿府城公園では『やすらぎの塔』も手掛けています。

左手に鷹を持つのは、鷹狩に出かけた際の家康だから。
そのため『徳川家康公鷹狩り像』の名もあります。
徳川家康は大御所と称して駿府城で暮らすようになってからは、根津政直(根津松鴎軒)や小林家鷹といった名だたる鷹匠たちを多く召し抱え、高禄をもって遇しています。
初夢の縁起「一富士、二鷹、三茄子」の鷹は、駿府が鷹狩りの地であることを表し、茄子も三保の茄子が特産だったことから、すべて駿府のこととも推測できます。

駿府城内には紀州から届いたミカンを本丸に手植えしたという「家康公手植のミカン」(静岡県の天然記念物)もあり、ゆかりの地となっています。

徳川家康公之像(駿府城本丸跡)
名称 徳川家康公之像(駿府城本丸跡)/とくがわいえやすこうのぞう(すんぷじょうほんまるあと)
所在地 静岡市葵区駿府城公園1-1
関連HP 駿府城公園公式ホームページ
電車・バスで JR静岡駅から駿府浪漫バスで15分、東御門下車
ドライブで 東名高速道路静岡ICから約5km。または、新東名高速道路新静岡ICから約9km
駐車場 市民文化会館地下駐車場(246台/有料)を利用
問い合わせ 駿府城公園二ノ丸施設管理事務所 TEL:054-251-0016/FAX:054-251-0056
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

家康が隠居所に駿府(静岡市)を選んだ理由とは!?

1605(慶長10)年4月16日、徳川家康は、将軍職を我が子・秀忠に譲り、駿府を隠居所に決めて、「大御所政治」を行ないます。慶長12年(1607年)から元和2年(1616年)の間、実質的に駿府城(現・静岡県静岡市)が日本の政治の中心として機

駿府城(駿府城公園)

静岡市の中心に位置する二重の堀と美しい石垣に囲まれた、静岡市民憩いの場。かつて徳川家康が築城、余生を送った駿府城の跡で、駿府藩の藩庁。府中城や静岡城とも呼ばれています。日清戦争後の明治29年から終戦まで、静岡歩兵第三十四聯隊の兵営があった場

家康は駿府城で大御所政治を展開!(駿府城に手植えのみかんが現存)

慶長10年(1605年)、将軍職を子の徳川秀忠に譲り、駿府に隠居を予定した徳川家康は、天下普請によって駿府城を大修築。慶長12年(1607年)には駿府城を居城として「大御所政治」が始まります。駿府城は、名目上は徳川頼宣が城主(慶長14年から

府中弥次喜多像

府中弥次喜多像

静岡県静岡市葵区追手町、駿府城巽櫓(すんぷじょうたつみやぐら)を眼前に望む、旧駿府城三の丸、中堀の脇に立つのが、府中弥次喜多像。弥次さん喜多さん像は、京都、三条大橋の西詰にある像が有名ですが、『東海道中膝栗毛』の作者・十返舎一九(じっぺんし

竹千代君・今川義元公像

竹千代君・今川義元公像

静岡県静岡市葵区黒金町、JR静岡駅北口に立つのが、竹千代君・今川義元公像。竹千代は、徳川家康の幼名で、8歳〜19歳の間、駿府の今川義元の元で、人質生活を送っていますが、その時の姿を表した像を静岡駅北口広場に平成21年3月19日に除幕、設置し

家康手植のミカン

家康手植のミカン

静岡市葵区、大御所となった徳川家康の居城、駿府城の本丸と二の丸跡を整備した駿府城公園。その本丸跡、徳川家康公之像近くににあるのが、家康手植のミカン。家康手植の蜜柑(みかん)の名で、静岡県の天然記念物にも指定されています。令和3年にゲノム解析

徳川家康公之像(駿府城本丸跡)

おすすめ

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!