家康手植のミカン

家康手植のミカン

静岡市葵区、大御所となった徳川家康の居城、駿府城の本丸と二の丸跡を整備した駿府城公園。その本丸跡、徳川家康公之像近くににあるのが、家康手植のミカン。家康手植の蜜柑(みかん)の名で、静岡県の天然記念物にも指定されています。

令和3年にゲノム解析で紀州ミカンであることも判明!

家康手植のミカン

大御所として駿府城に隠居した大御所時代、紀州藩から献上された鉢植えの紀州ミカンを駿府城本丸に移植したと伝えられるのが、家康手植のミカン。
徳川家康は、慶長10年(1605年)に将軍職を秀忠に譲り、駿府城に移ったのは、慶長12年(1607年)のこと。
李氏朝鮮との国交を回復などの大御所政治の始まりです。

この時の紀州藩主は、浅野長政の子、浅野幸長(あさのよしなが)で、関ヶ原の合戦では親子して東軍に参戦しています。
慶長13年(1608年)には、浅野幸長の娘・春姫(高原院)を徳川家康の九男・尾張大納言徳川義直に嫁がせているので、ミカンを送り、娘を家康の子に嫁がせるなど、徳川家への接近姿勢がよくわかります。

ミカンは、鎌倉時代に中国から伝えられた種類の「ホンミカン」(紀州ミカン)で、香りが強く種のある小形の実を結ぶのが特徴。
静岡地方のミカンの起源を知るうえで貴重なため、昭和25年に静岡県の天然記念物に指定されています。

令和3年には静岡雙葉高校の生徒4名が国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構果樹茶業研究部門(静岡市清水区)の協力を得て、DNAマーカーを使って葉のゲノム解析を実施。
その結果、ウンシュウミカンなど101種類あるかんきつ類と比較した結果、紀州ミカンであることが判明しています。
これまで、元々のミカンは大火で焼失し、別の品種の木が植えられた可能性もあるとされていましたが、徳川家康の植えたものかどうかは定かでないものの、当時の種類と同じだということがわかったのです。

例年12月の上旬に収穫され、配布されたり(日本平動物園来園者に配布など)、和菓子、マーマレードに加工など、毎年いろいろな用途で利用されています。

家康手植のミカン
名称 家康手植のミカン/いえやすてうえのみかん
所在地 静岡市葵区駿府城公園1-1
関連HP 駿府城公園公式ホームページ
電車・バスで JR静岡駅から駿府浪漫バスで15分、東御門下車
ドライブで 東名高速道路静岡ICから約5km。または、新東名高速道路新静岡ICから約9km
駐車場 市民文化会館地下駐車場(246台/有料)を利用
問い合わせ 駿府城公園二ノ丸施設管理事務所 TEL:054-251-0016/FAX:054-251-0056
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
徳川家康公之像(駿府城本丸跡)

徳川家康公之像(駿府城本丸跡)

静岡県静岡市葵区、駿府城公園の駿府城本丸跡(沈床園)に立つのが、徳川家康公之像。徳川家康が余生を送る地と定め、将軍を息子の秀忠に譲った後も大御所として権力を維持した隠居の城に立つ像で、まさに駿府城公園(駿府城本丸、二ノ丸跡)のシンボル的な存

駿府城(駿府城公園)

静岡市の中心に位置する二重の堀と美しい石垣に囲まれた、静岡市民憩いの場。かつて徳川家康が築城、余生を送った駿府城の跡で、駿府藩の藩庁。府中城や静岡城とも呼ばれています。日清戦争後の明治29年から終戦まで、静岡歩兵第三十四聯隊の兵営があった場

家康は駿府城で大御所政治を展開!(駿府城に手植えのみかんが現存)

慶長10年(1605年)、将軍職を子の徳川秀忠に譲り、駿府に隠居を予定した徳川家康は、天下普請によって駿府城を大修築。慶長12年(1607年)には駿府城を居城として「大御所政治」が始まります。駿府城は、名目上は徳川頼宣が城主(慶長14年から

家康が隠居所に駿府(静岡市)を選んだ理由とは!?

1605(慶長10)年4月16日、徳川家康は、将軍職を我が子・秀忠に譲り、駿府を隠居所に決めて、「大御所政治」を行ないます。慶長12年(1607年)から元和2年(1616年)の間、実質的に駿府城(現・静岡県静岡市)が日本の政治の中心として機

家康手植のミカン

おすすめ

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!