パイの源平合戦勃発!? 源氏パイ VS 平家パイ

源氏パイ、カンパンで有名な浜松市に本社を置く三立製菓。実は、この三立製菓の氷砂糖の製造メーカーとして明治時代に産声をあげ、大正13年にはビスケットの生産を開始という洋風菓子の老舗メーカー。歴史と伝統に裏付けされた源氏パイは昭和40年発売のロングセラーヒット商品になっています。その三立製菓で、パイの源平合戦が勃発!?

DSCN0470

源氏パイはなぜ「源氏」という名が付いた?

源氏パイはフランスの焼き菓子であるパルミエ(Palmier/椰子の葉の意、ドイツではSchweineohren=シュバイネオーレン/豚の耳パイ)を参考にしてつくったというハート型のパイ。発売は昭和40年といいますから発売50年オーバーのロングセラーです。

世界モンドセレクションでゴールドメダルを何度も受賞したヒット商品になっています。

三立製菓は明治16年に日本で最初に氷砂糖を製造した会社で、大正13年に氷砂糖を使ったビスケットの製造を開始したのが菓子製造の始まり。
昭和38年には日本で最初のパイの量産化に成功。
その製法を引っさげてパイ生地に砂糖を折り込んだ「源氏パイ」が発売されたのです。

なぜ源氏パイなのかといえば、答えは簡単。発売翌年の昭和41年のNHK大河ドラマが『源義経』(源義経=尾上菊之助、武蔵坊弁慶=緒形拳、静御前=藤純子、源頼朝=芥川比呂志)。当時、義経を演じた尾上菊之助が史上最年少での主演(放送開始時23歳)ということもあって、初回視聴率32.5%、平均視聴率23.5%という人気番組。
ちゃっかり、そこから名前をもらったというわけなのです。

もし発売が1年早ければ「太閤パイ」(昭和40年のNHK大河ドラマは緒形拳主演の『太閤記』でした)。発売当時は、この吉川英治原作の『太閤記』が大人気。平均視聴率は31.2%、最高視聴率は39.7%を記録するほどだったのです。
「来年は『源義経』なら源氏パイだな・・・」と営業担当や幹部が考えたのは当然のことでしょう。
大河ドラマの視聴率は、『太閤記』に負けていますが、「源氏パイ」は、国民的なロングセラー商品(大河菓子!)に発展します。

DSCN0487

源氏パイがあるのなら、平家パイも?

洋酒漬けしたレーズンをトッピングした四角いパイ菓子が「レーズンパイ」。これが平成24年に忽然と「平家パイ」に改称しています。
三立製菓の発売時点(2012年春夏新商品)での謳い文句は「芳醇なレーズンの味わいを楽しめるパイ」。味わってみればわかるのですが、謳い文句通りのなかなかの味で、紅茶のお茶菓子には最適です。

なぜ突然、「レーズンパイ」が「平家パイ」にと、メーカーの広報に尋ねたところ、
「平成24年の大河ドラマが『平清盛』だったからです」と単純明快。
実は、昭和47年の大河ドラマ『新・平家物語』の時の発売を逸してしまってから、待ちに待った平清盛主人公の大河ドラマ放映だったというわけ。

しかしながら、目下、平家パイVS源氏パイの状況は、今のところ源氏優勢の状況・・・。
残念ながら人気の「源氏パイ」の陰に隠れてまだまだ「知られざる平家パイ」「知る人ぞ知る平家パイ」なのですが、味はかなりいいので、パイ好きなら一度は試してもらいたい逸品です。

発売元の三立製菓、現在はうなぎパイ、源氏パイ、平家パイ、かにパンなどのほかに自衛隊の戦闘糧食に正式採用のカンパン、保存備蓄用の食料として重宝する保存用ビスケット、非常食セットなども製造しています。
最近では、静岡県限定発売の「源氏パイ ピアノブラック」を売り出し中です。「源氏パイ ピアノブラック」は、静岡県内のスーパーや土産店で入手可能です。

浜松なんだから「家康パイ」、あるいは平成29年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』に因んで「井伊パイ」なんてのは、どうでしょうか?

【ケース販売】三立 平家パイ 8枚×12袋

価格:
2,719円

(2016/11/27 17:58時点 )

【ケース販売】三立 源氏パイ 16枚(8包)×12袋

価格:
2,719円

(2016/11/27 17:59時点 )

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!