オススメ記事

よく読まれている記事

  • 「日本五大桜」の狩宿の下馬桜 「狩宿の下馬桜」と聞いてピンと来る人はかなりの桜好き、あるいは地元・富士宮周辺に住む人に違いないでしょう。 「日本五大桜」に選ばれる巨桜ながら、同じ静岡県でも伊豆などでは案外無名の存在なのです。 大正11年に5つの巨桜が天然記念物に 三春の滝桜(福島県三春町)、山高神代桜(山梨県北杜市... カテゴリ: 富士宮市, 静岡
  • 白糸の滝が「世界文化遺産」に登録された理由とは!? 1万年前に湧出した白糸溶岩流の末端に位置する静岡県富士宮市の白糸の滝。世界文化遺産の構成要素のひとつになっています。富士山は自然遺産ではなく、文化遺産。なのに白糸の滝が登録されたのはなぜなのでしょうか? その理由を解き明かします。 溶岩流と泥流の間から伏流水が滝となって落下! 白糸の... カテゴリ: 世界遺産・富士山, 富士宮市
  • 田中城で食した「鯛の天ぷら」が家康の死因!? 徳川家康の死因は、定かでありません。 一般に流布しているのは「鯛の天ぷらを食べて死んだ」というもの。 鯛の天ぷらにあたったのでしょうか? その鯛の天ぷらを食したといわれるのが、田中城(現・藤枝市)です。 周囲が湿地の田中城は鷹狩の基地に絶好だった! 徳川家康は、趣味と実益を兼ね... カテゴリ: 徳川家康, 浜松, 藤枝市
  • 狩宿の下馬桜 富士宮市にある日本一ともいわれるヤマザクラ(山桜)の古木で国の特別天然記念物(学名アカメノシロバナヤマザクラ)。鎌倉に幕府を開いた源頼朝が1193(建久4)年、「富士の巻狩り」を行なった際、馬から下りたところというのが名の由来。下馬の際、桜に馬を繋いだともいわれ、「駒止めの桜」とも呼ばれています。 ... カテゴリ: 富士宮市, 見る
  • 宇津ノ谷隧道(明治のトンネル) 宇津ノ谷隧道(明治のトンネル) 鞠子宿(丸子宿)と岡部宿の間にある東海道の難所、宇津ノ谷峠(うつのやとうげ)。平安の昔から現在まで東海道はこの宇津ノ谷峠を抜けています。聞き慣れない地名ですが、ユニークなのはここが「道路の博物館」ともいうべき存在なこと。明治9年開通の宇津ノ谷隧道(明治のトンネル)は国の登録有形文化財。 日本初... カテゴリ: 見る, 静岡市
  • 白糸の滝 断崖から白い絹糸を垂らしたように流れ落ちる優美なさまから、名が付けられたのが静岡県富士宮市の白糸の滝。高さ20m、幅121mで、富士山麓では最大の滝で、滝壺近くまで下りることも可能。川の水は平均水温11度と冷たく、夏でも周囲はひんやりと涼しく感じられます。世界文化遺産「富士山」、音止の滝とともに「日... カテゴリ: 世界遺産・富士山, 富士宮市, 見る
  • 田貫湖で「ダブルダイヤモンド富士」を見よう! 富士山頂にピッタリと日が沈む、あるいは逆に日が昇ることを「ダイヤモンド富士」といいます。 その絶景の場所が、静岡県富士宮市の田貫湖(たぬきこ)です。 田貫湖は「ダブルダイヤモンド富士の聖地」 富士山頂に太陽が重なる瞬間、ダイヤモンドのように輝く現象が「ダイヤモンド富士」ですが、湖面に富... カテゴリ: 富士宮市
  • 【海水浴】岩地海水浴場|伊豆・松崎町 松崎町の松崎市街から南に続く三浦海岸(さんぽかいがん=岩地・石部・雲見)のひとつ。 ウコン色の屋根瓦から「東洋のコートダジュール」と呼ばれてきました。 東洋のコートダジュールで泳ごう!     海岸は遠浅のため波が静かでファミリーにも絶好。汀線(砂浜の長さ)700m、幅30mと... カテゴリ: 松崎町, 海水浴場
  • 絶景! 乙女峠(国道138号) 箱根外輪山の稜線上に位置する乙女峠。 御坂峠(みさかとうげ=山梨県富士河口湖町)、薩埵峠(静岡県静岡市清水区)と並び、「富士見三峠」に数えられる絶景の地です。 旧道の乙女峠は金時山登山道 もともとの「富士見三峠」に数えられる乙女峠は、標高1005mの峠で、金時山への縦走路途中に位置して... カテゴリ: 御殿場市
  • 家康の『しかみ像』に新説が! 家康が描かせたはウソだった! 徳川美術館(名古屋市)が所蔵し、レプリカが浜松城天守閣に展示される『徳川家康三方ヶ原戦役画像』。通称『しかみ像』が今ちょっとした話題に。 元亀3年(1572年)12月、浜松市街東部の台地、三方ヶ原で起こった武田信玄と徳川家康との合戦で、家康は命からがらに敗走。影武者を仕立てて、なんとか浜松城に逃げ... カテゴリ: 徳川家康, 浜松, 浜松市