オススメ記事

よく読まれている記事

  • 2月23日は「富士山の日」 2月23日は「富士山の日」 2月23日は静岡県が定める富士山の日。 単なる2(ふ)2(じ)3(さん)の語呂合わせと思いきや、「2月下旬は空気も澄んで富士山の眺めるのに絶好」とのこと。 静岡県では条例で制定 「国民の財産であり、日本のシンボルである富士山は、その類まれなる美しい自然景観により、人の心を打ち、芸術や... カテゴリ: イベント, 静岡全県
  • 第22回雛のつるし飾りまつり(伊豆稲取)|2019 第22回雛のつるし飾りまつり(伊豆稲取)|2019 東伊豆町の稲取温泉で『第22回雛のつるし飾りまつり』を開催。「雛のつるし飾り」とはひな祭りのとき雛壇の両脇に人形を飾る風習。伊豆の稲取地区、福岡県柳川市(「柳川さげもん」)、山形県酒田市(「傘福」)が「日本三大つるし飾り」ですが伊豆稲取は「つるし雛発祥の地」とPRしています。 メイン会場は「文... カテゴリ: イベント, 東伊豆町
  • 『昇竜しだれ梅まつり』(浜松市・奥山高原)|2019 『昇竜しだれ梅まつり』(浜松市・奥山高原)|2019 2月下旬頃~3月中旬頃(開花状況で終了日は変化)、浜松市の奥山高原で『昇竜しだれ梅まつり』が開かれます。全国的にも珍しい、樹齢45年〜50年の昇竜しだれ花梅が80本植栽された浜松市引佐町のとんまくの里(奥山高原内)で『昇竜しだれ梅まつり』を開催。平成29年はNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の舞台... カテゴリ: イベント, 浜松市
  • 第21回みなみの桜と菜の花まつり(南伊豆町)|2019 第21回みなみの桜と菜の花まつり(南伊豆町)|2019 南伊豆町で『第21回みなみの桜と菜の花まつり』を開催。下賀茂温泉に近い青野川沿いの2kmにわたって河津桜800本が咲き、同時に土手一面に菜の花が咲きピンクと黄色の競演に。「本州でもっとも早く春を感じる場所」と地元の人が自慢するのが避寒の地・南伊豆町です。 菜の花と河津桜のコラボが見事 ... カテゴリ: イベント, 南伊豆町
  • 絶景★富士山まるごと岩本山|2019|富士市 絶景★富士山まるごと岩本山|2019|富士市 梅と桜の名所でもあり、その地理的地形的な要因から富士山のビューポイントとしても知られる富士市の岩本山。2019年2月8日(金)〜4月14日(日)、『絶景★富士山まるごと岩本山』を開催。 絶景富士山ウォーキング~茶畑編~(90分、ガイド付き) 絶景の富士山を見ながら岩本山公園周辺を富士市観光ボラン... カテゴリ: イベント, 富士山絶景スポット, 富士市
  • 河津桜まつり(河津町) 河津桜まつり(河津町) 河津町で恒例の『河津桜まつり』を開催。今井浜海岸駅付近・河津駅前から河津川沿い、そして河津七滝周辺など町内に約8000本植栽されている河津桜の開花に合わせて、『河津桜まつり』が開催されます。夜桜見物を楽しめるよう、期間中毎日ライトアップも実施。 『河津桜まつり』期間中は、150店の露店も出店 ... カテゴリ: イベント, 河津町
  • カモメの大群が電車に襲来!浜名湖佐久米駅 カモメの大群が電車に襲来!浜名湖佐久米駅 JR二俣線(昭和15年全通)の廃止をもって昭和62年、天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線として開業した「天浜線」。 JR新所原駅〜掛川駅を結ぶ第三セクターの鉄道です。 新所原駅から乗車すると、浜名湖に沿ってのどかな風景が続きますが、奥浜名湖の浜名湖佐久米駅(静岡県浜松市北区)には、冬期間珍しい光景を見る... カテゴリ: 浜松, 浜松市
  • 久能いちご海岸通り『石垣いちご狩り』(静岡市) 久能いちご海岸通り『石垣いちご狩り』(静岡市) 1月1日〜5月上旬、静岡市久能いちご海岸通りで『石垣いちご狩り』が行なわれます。駿河湾を望む久能海岸沿いは別名「いちご海岸通り」。石垣を積み上げた間に苗を植え付ける独特の方法で、章姫などを栽培している。1月~5月上旬にかけて、いちご狩りを楽しむことができますが、ピークは2月頃。 主力の品種は静... カテゴリ: イベント, 静岡市
  • 絶景! 箱根スカイライン(芦ノ湖展望公園・富士見ヶ丘公園・長尾峠) 絶景! 箱根スカイライン(芦ノ湖展望公園・富士見ヶ丘公園・長尾峠) 箱根外輪山の湖尻峠と長尾峠を結ぶ有料道路が箱根スカイライン。 静岡県道路公社が管理する絶景のドライブコースです。 箱根スカイラインは渋滞回避にも最適 箱根スカイラインは全長5.0kmという短い有料道路ですが、湖尻峠では芦ノ湖スカイラインに接続し、御殿場と箱根を結ぶ絶景ドライブウェイとな... カテゴリ: 御殿場市, 裾野市
  • 修善寺梅林『梅まつり』|2019 修善寺梅林『梅まつり』|2019 伊豆市の修善寺温泉にある修善寺梅林は、3haの園内に樹齢100年を越える古木や樹齢30年ほどの若木を合わせ、20種1000本の梅が植栽されています。見頃を迎える2月上旬〜3月中旬には『梅まつり』が開催されます。 高台からは富士山を眺望 修善寺梅林内には岡本綺堂の『修禅寺物語』の記念碑など... カテゴリ: イベント, 伊豆市