駿河湾深海生物館

駿河湾深海生物館

静岡県沼津市戸田(へだ)、駿河湾に突き出す砂嘴の御浜岬先端に建つ戸田造船郷土資料博物館に併設されるのが、駿河湾深海生物館。平成29年7月22日にリニューアルされた館内では、沼津市戸田地区で水揚げされる深海生物を中心に展示が行なわれています。

深海魚の聖地・戸田で、深海魚の標本を見学

駿河湾深海生物館
戸田造船郷土資料博物館に併設

日本一の深さを誇る駿河湾に面し、深海魚が水揚げされる戸田は、深海魚の聖地と呼ばれています。
そんな戸田にある駿河湾深海生物館では、「世界一大きいタカアシガニ」、「戸田でおいしい深海魚」、「深海ザメ」の展示コーナーなど、戸田の底曳網船(トロール船)で水揚げされた生物を中心に展示。
底曳網船(トロール船)は、戸田沖・駿河湾沖深海300mまで網を落とし、船でそのまま網を曳き魚を捕獲する漁法で、タカアシガニ、本エビ(戸田漁協ブランド)、アカザエビ、赤エビなどを水揚げしています(戸田漁業協同組合直売所で直売も)。

これまでに数体しか確認されていない希少なオロシザメも剥製1体、液浸標本2体が展示されるほか、世界で6体目となるヨコヅナイワシも常設展示。
駿河湾の水深2000mで捕獲した全長120cm、体高20cmの大型深海魚ソコボウズの液浸標本は、常設展示では日本で唯一です(国立科学博物館の特別展『深海』で展示され、人気を博した深海魚)。

駿河湾深海生物館
名称 駿河湾深海生物館/するがわんしんかいせいぶつかん
所在地 静岡県沼津市戸田2710-1
関連HP 沼津市公式ホームページ
ドライブで 伊豆縦貫自動車道長岡ICから約26km
駐車場 30台/無料
問い合わせ 戸田造船郷土資料博物館・駿河湾深海生物館 TEL:0558-94-2384/FAX:0558-94-2384
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
戸田造船郷土資料博物館

戸田造船郷土資料博物館

静岡県沼津市戸田(へだ)、駿河湾に突き出す砂嘴の御浜岬先端に建つのが、戸田造船郷土資料博物館。幕末の嘉永7年(1854年)、下田に来航したロシア船「ディアナ号」は、安政東海大地震の津波で座礁。その代替船を建造した戸田が、日本最初の洋式船誕生

駿河湾深海生物館

おすすめ

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!