須走まぼろしの滝

須走まぼろしの滝

静岡県駿東郡小山町須走、富士山のふじあざみライン・須走口五合目に雪解けがピークのときにだけ出現する滝が、須走まぼろしの滝。富士山の須走側・山頂部周辺からの雪解け水が沢を流れ、露出した溶岩上を流れ落ちるもので、例年は5月中旬〜6月中旬の気温の高い日に出現します。

標高2080m、富士山の溶岩に落ちる季節限定の滝

温暖化の傾向もあって、ゴールデンウィーク過ぎに現れることもあり、ふじあざみライン須走口五合目駐車場から片道25分ほどのハイキングで到達することができます。
富士登山道とは反対側の第3駐車場の奥にハイキングコースの入口があり、ちゃんと道標もあるので見落とすことはありません。
しばらくは樹林帯ですが、その先は、木の生えない火山荒原。
道沿いにロープが張られ、溶岩の岩場に突き当たると、そこがまぼろしの滝。

成層火山の富士山では雪解け水や、雨水も地下浸透し、山麓で湧き出すため、山中で滝となることはほとんどありません。
溶岩が露呈している場所だから、滝が生まれるものですが、せっかく歩いて到達してもチョロチョロのときも。
早朝に訪れると、まず水がないので、富士山の上部に雪がある時期、晴れて温度が上がる時間帯(できれば午後)がおすすめです。

須走口五合目には、「東富士山荘」、「菊屋」という2軒の山小屋もあり、宿泊、喫茶、食事が可能。
須走口五合目から須走まぼろしの滝と反対側に、小富士までの歩道を歩くのも人気のコースです。
ふじあざみライン沿いには、富士グランドキャニオンと通称される奇観もありますが、東富士演習場との関係や遊歩道として未整備な状況なので、立ち寄りが困難。

須走まぼろしの滝
名称 須走まぼろしの滝/すばしりまぼろしのたき
所在地 静岡県駿東郡小山町須走
関連HP 小山町公式ホームページ
電車・バスで JR御殿場駅、または小田急線新松田駅(一部期間のみ)から登山バスで須走口新五合目下車、徒歩25分
ドライブで 新東名高速道路新御殿場ICから約17kmで須走口五合目駐車場、駐車場から徒歩25分。ふじあざみラインは7月中旬〜9月中旬にマイカー規制を実施、冬季は閉鎖
駐車場 須走口五合目駐車場(200台/無料)、ふじあざみラインマイカー規制時は須走多目的広場からシャトルバスを利用
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
小富士

小富士

静岡県駿東郡小山町と山梨県富士吉田市の境(境界未確定地)、ふじあざみライン・富士山須走口登山道の五合目にある標高1979mの寄生火山(側火山)が、小富士。駐車場を起点に、古御嶽神社から小富士往復の小富士遊歩道も整備され、片道20分〜30分ほ

奇観! 富士グランドキャニオン

富士山の東側には、宝永の大噴火で生まれた巨大な砂漠地帯が広がっています。とくに「ふじあざみライン」周辺には、火山学者がワクワクするような景観が。それが富士グランドキャニオン(須走グランドキャニオン)ですが、入口一帯が東富士演習場にあたるため

富士山須走口五合目

富士山須走口五合目

静岡県駿東郡小山町、表富士側(静岡県側)にある3ヶ所(富士宮口、御殿場口、須走口)ある五合目のひとつが、富士山須走口五合目。山梨県と県境を接する(北側の小富士は境界未確定地)五合目で、ふじあざみラインと称する静岡県道150号(足柄停車場富士

ふじあざみライン

ふじあざみライン

静岡県駿東郡小山町、富士山東口本宮冨士浅間神社(須走浅間神社)を起点とする須走口の登山道。現在は、富士山須走口五合目まで静岡県道150号(足柄停車場富士公園線)で到達できますが、その愛称がふじあざみライン。フジアザミは富士山の砂礫地で見かけ

須走まぼろしの滝

おすすめ

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!