オススメ記事

よく読まれている記事

  • 大井川鐵道で近鉄特急が活躍中! 大井川鐵道で近鉄特急が活躍中! きかんしゃトーマスやSLの運転で人気の大井川鐵道ですが、実は、鉄道ファンや関西の年配の人には、もうひとつ注目の電車があるのです。 それが大井川鐵道16000系といわれる、元近鉄の特急(現在も近鉄南大阪線では特急として活躍中)。 昭和40年、昭和41年に「吉野特急」としてデビューした車両が、大井川... カテゴリ: 島田市, 浜松
  • 朝比奈大龍勢(藤枝市) 朝比奈大龍勢(藤枝市) 玉露の里として知られる岡部町(藤枝市)で『朝比奈大龍勢』(あさひなおおりゅうせい)が打ち上げられます。中世の狼煙(のろし)が発達したものといわれるロケット花火の朝比奈大龍勢は今年が2年に1度の打ち上げの年。龍勢は、高さ約20mの常設櫓から発射され白煙を上げて上昇する様子が龍の昇天を思わせるのが名の由... カテゴリ: イベント, 藤枝市
  • 舞阪大太鼓まつり(浜松市)|2018 舞阪大太鼓まつり(浜松市)|2018 「延喜式神名帳」にもその名が記されている古社・岐佐神社(きさじんじゃ)の祭礼で、十五夜(旧暦9月14・15日)に神輿の渡御とともに豊漁を祈願して大太鼓が奉納されます。直径1.8mを超える巨大な太鼓をつけた屋台が8台登場。太鼓屋台が三連の鳥居を勇壮に叩きながら上り下りする場面は圧巻! 明治以降、... カテゴリ: イベント, 浜松市
  • 森の祭り(静岡県森町)|2018 森の祭り(静岡県森町)|2018 三島神社(三嶋神社)に豊作の御礼と五穀豊穣を祈願しての神事として始まった『森の祭り』。森町が繁栄した江戸時代中期頃から屋台の曳き回しが始まりました。現在では11月第1週の金・土・日曜に、各町から1名ずつ選ばれる舞児による3種の舞楽の奉納、遠州独特の二輪屋台の巡行(練り)が執なり行なわれます。 ... カテゴリ: イベント, 森町
  • 水ヶ塚公園に「森の駅 富士山」オープン 水ヶ塚公園に「森の駅 富士山」オープン 富士山スカイライン途中、宝永火口を眼前にする標高1450m地点に位置する水ヶ塚公園。 表富士観光の要衝に、2016年7月9日(土)にオープンするのが「森の駅 富士山」です。   宝永火口を抱える富士山を眼前に 表富士側の2合目にあたる水ヶ塚公園。大きな口を開けて宝永火口が眼前に迫ります。 ... カテゴリ: 裾野市
  • 絶景! 箱根スカイライン(芦ノ湖展望公園・富士見ヶ丘公園・長尾峠) 絶景! 箱根スカイライン(芦ノ湖展望公園・富士見ヶ丘公園・長尾峠) 箱根外輪山の湖尻峠と長尾峠を結ぶ有料道路が箱根スカイライン。 静岡県道路公社が管理する絶景のドライブコースです。 箱根スカイラインは渋滞回避にも最適 箱根スカイラインは全長5.0kmという短い有料道路ですが、湖尻峠では芦ノ湖スカイラインに接続し、御殿場と箱根を結ぶ絶景ドライブウェイとな... カテゴリ: 御殿場市, 裾野市
  • 静岡県庁別館20階に絶景レストラン「ふじのくにTERRACE」発見! 静岡県庁別館20階に絶景レストラン「ふじのくにTERRACE」発見! 徳川家康の隠居所でもあった駿府城(駿府城公園)に隣接して建つ、静岡県庁。 国の登録有形文化財に登録の静岡県庁本館は、静岡銀行本店、豊橋市公会堂、静岡市役所などと同じ中村與資平(なかむらよしへい/現在の浜松市東区天王町出身)の設計のレトロ建築。 そんなレトロな本館には食堂はなく、食事&喫茶が楽... カテゴリ: グルメ, 静岡, 静岡市
  • 家康は駿府城に3回、天守を建てている!(駿府城本丸を詳細に解説) 家康は駿府城に3回、天守を建てている!(駿府城本丸を詳細に解説) 徳川家康は生涯のうち、3回駿府城に天守を建てています。 最初に駿府に来たときは、天文16年(1547年)、今川氏全盛期である9代・今川義元の時代。家康も松平竹千代という幼名を名乗っています。 人質として6歳から19歳までの12年間を駿府で過ごしています。 しかし、この時は人質。 城主として入... カテゴリ: 徳川家康, 静岡, 静岡市
  • 家康が隠居所に駿府(静岡市)を選んだ理由とは!? 家康が隠居所に駿府(静岡市)を選んだ理由とは!? 1605(慶長10)年4月16日、徳川家康は、将軍職を我が子・秀忠に譲り、駿府を隠居所に決めて、「大御所政治」を行ないます。1607(慶長12)年から1616(元和2)年の間、実質的に駿府城(現・静岡県静岡市)が日本の政治の中心として機能していました。では、なぜ、家康は駿府を隠居所に選んだのでしょう... カテゴリ: 徳川家康, 静岡市
  • 家康の『しかみ像』に新説が! 家康が描かせたはウソだった! 家康の『しかみ像』に新説が! 家康が描かせたはウソだった! 徳川美術館(名古屋市)が所蔵し、レプリカが浜松城天守閣に展示される『徳川家康三方ヶ原戦役画像』。通称『しかみ像』が今ちょっとした話題に。 元亀3年(1572)12月、浜松市街東部の台地、三方ヶ原で起こった武田信玄と徳川家康との合戦で、家康は命からがらに敗走。影武者を仕立てて、なんとか浜松城に逃げ込... カテゴリ: 徳川家康, 浜松, 浜松市