「真夜中のお菓子・うなぎパイV.S.O.P.」に驚いた!

静岡県を代表する銘菓といえば、断然「うなぎパイ」でしょう。昭和36年に発売されロングランな人気を誇るご当地大ヒット商品で、「夜のお菓子」という何やら意味深長なキャッチフレーズも話題になることがしばしば。そんな「うなぎパイ」の上をいくのが「真夜中のお菓子・うなぎパイV.S.O.P.」です。

まずは定番の「うなぎパイ」

浜松に本社を置く春華堂のオリジナル菓子で、「浜名湖と遠州灘の豊かな水と自然が育んだ浜松の銘菓」というのが「うなぎパイ」。バターはとくに厳選し、砂糖はお菓子に合わせ特別精製した粒子の大きいグラニュー糖を使うなどこだわり原料に、うなぎエキス、ガーリックなどの調味料をブレンドした銘菓です。

昭和36年の誕生から変わらずに職人が手作りしていて、何千もの層になったパイはサクサクとした食感がたまりません。
「その日の温度や湿度など気候に合わせて材料の混ぜ方や折り方を調整するには10年の鍛錬が必要」という職人の技と経験が生み出すサクサク感だったのです。
春華堂は、甘納豆と知也保(ちゃぼ)を看板商品にしていましたが、2代目社長・山崎幸一さんは「浜松らしい菓子」の新製品を考えていました。
そんな折、山崎さんが出張先で「浜松から来ました」というと、すかさず「鰻で有名な」といわれたことから、その鰻をテーマにしたお菓子を・・・と考案したものが「うなぎパイ」なんだとか。
職人たちにうなぎをテーマに、思い思いの試作品をつくらせたところ、当時まだ珍しかったパルミエ(Palmier=フランス語でヤシ、椰子の葉に似ている形状から)というフランス菓子のパイを基本にした試作品が登場。それが「うなぎパイ」試作の第1号となったのです。
実際の蒲焼きさながらにタレを塗る、菓子では前例がないガーリックをタレに入れるなどという工夫も、製品化の過程で生まれました。
発売まもなく、鉄道弘済会(現・キヨスク)が駅売りを決定。さらに東名高速道路の開通などもあって、売上もうなぎのぼりだったとか。

うなぎパイのキャッチフレーズは「夜のお菓子」。
実は、2代目社長・山崎幸一さんの「家族の団らんのひとときをうなぎパイとともに過ごして欲しい」という思いからつけられたもの。
うなぎとガーリックパワーで、精力アップというのは、下世話な発想だったのです。

とはいえ、「うなぎパイ6本分に含まれるビタミンAは、蒲焼100gに含まれるそれに相当し、元気回復、夏バテ対策、視力保持などの効果が期待できる」(春華堂)とのことで、あながち的外れでもなさそうな・・・。

うなぎパイが「夜のお菓子」なら、さらに大人向けの「真夜中のお菓子」があるんだとかで、ここからが本題です。

うなぎパイ

ぜひとも買いたい「うなぎパイV.S.O.P.」

そんな超有名な「うなぎパイ」にスペシャルバージョンのうなぎパイ「真夜中のお菓子・うなぎパイV.S.O.P.」があるのをご存じでしょうか?
高級ブランデーの芳潤な香りとナッツの王様マカダミアの風味を包み込み、うなぎパイの頂点を極めた最高級うなぎパイです。
元祖を超える「最上級のうなぎパイ」として誕生しました。
ちなみにV.S.O.P.は、very superior old pale、つまりは「たいへん優れた古い澄んだブランデー」の意。まさしく真夜中のお菓子というキャッチフレーズにふさわしいこだわりになっています。

うなぎパイV.S.O.P.

真夜中のお菓子「真夜中のお菓子・うなぎパイV.S.O.P.」は春華堂神田売店(本社に併設)、佐鳴湖パークタウン店、うなぎパイファクトリーなどで販売しています。逆にいえば、浜松周辺でしか手に入りません!
取材班も「真夜中のお菓子・うなぎパイV.S.O.P.」を買おうと浜松のスーパーマーケットやJAショップなどを回ったのですがあえなく撃沈。
案外、売っている場所が少ないので、わざわざ行かないと買えないというまさしく「ご当地限定商品」になっているのです。

静岡県浜松市西区の浜松技術工業団地にある「うなぎパイファクトリー」は見学も可能で製造工程を見ることもできます。
工場直売店ではうなぎパイをはじめ、春華堂の和菓子や洋菓子などを販売。また、平成27年7月25日に「うなぎパイカフェ」がリニューアルオープンしており、こちらでは「うなぎパイのミルフィーユ仕立て」や「4種のうなぎパイ&メルティングショコラ」などオリジナルのデザートも味わえます。

とはいえ、わざわざ行けないぞという人には、ちゃんとネットショップも用意され、「真夜中のお菓子・うなぎパイV.S.O.P.」を購入することができます。
ちなみに「昼のお菓子『しらすパイ』」も販売。

となると、次なる新製品は「朝のお菓子」もしくは「10時のおやつ」?

春華堂のオンラインショップはコチラ

うなぎパイファクトリー・うなぎパイカフェ DATA

所在地 静岡県浜松市西区大久保町748-51
時間 9:30~17:30、7・8月は18:00まで、ファクトリーツアーは10:00~16:00の毎時00分
うなぎパイカフェオーダーストップは17:00
休業日 不定休(メンテナンス休のため)
料金 入場無料
駐車場 あり/無料
問い合わせ TEL:053-482-1765(予約受付は9:00-17:00)
公式HP http://www.unagipai-factory.jp/

<春華堂> うなぎパイV.S.O.P. 10本入り

価格:
2,680円

(2016/11/28 12:12時点 )

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!