須倍神社(浜松市)

静岡県浜松市北区都田町に鎮座する古社。延長5年(927年)編纂の『延喜式神名帳』記載の遠江国引佐郡六座のうちの一つ。神宮(伊勢神宮)の御厨(みくりや=荘園)の鎮守社で、本殿は今も内宮、外宮(げぐう)に分かれています。

遠州三神明宮にも数えられますが、すべて伊勢神宮の御厨の地

平安中期から末期にかけて、浜松市一帯には、伊勢神宮の御厨(みくりや)が設けられましたが、鎮座地の都田(みやこだ)という地名の通り、この地にも都田御厨が設けられました。
須倍神社は、887(仁和3)年創建という古社。鎮座地である都田は伊勢の神宮の御厨として発達した土地で、往時には須倍神社も神宮同様に内宮、外宮に分かれていました。
902(延喜2)年、内宮・外宮の両社を現在地に統合。鎌田神明宮(磐田市)、総社蒲神明宮(浜松市東区神立町)と並び遠州三神明宮に数えられますが、3社とも伊勢神宮の御厨の鎮守社。
鎌倉時代には北条家の支配下となりますが、御厨と鎮守社との関係は変化がなく、井伊氏が台頭し、荘園制が崩壊する時代まで伊勢神宮との密接な関係が続きました。慶長6年(1602年)、幕府を開いた徳川家康は伊奈忠次に社領として内宮に4石、外宮に3石を寄進しています。
ちなみに御厨は「御」(神の)+「厨」(台所)の意で、神宮の荘園。須倍神社本殿の正面向かって右が内宮、左が外宮となっています。

関連記事

須倍神社『例大祭』(浜松市)
 

須倍神社 DATA

名称 須倍神社/すべじんじゃ
所在地 静岡県浜松市北区都田町神明風呂6284
営業時間 参拝自由
電車・バスで 天竜浜名湖鉄道常葉大学前駅から徒歩10分。または、JR浜松駅北口から都田行きバスで、1時間都田西下車
ドライブで 東名高速道路浜松西ICから15分
駐車場 10台/無料
問い合わせ TEL:053-428-2097/FAX:053-428-2097
公式HP http://katm428.jpn.org/

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!