爪木崎『第51回水仙まつり』(下田市)

下田市の爪木崎(つめきざき)で『第51回水仙まつり』を開催。下田市須崎半島先端の景勝地、爪木崎には野水仙の一大群生地があります。12月下旬〜1月には海岸の段丘一帯、10万平方メートルのエリアに300万本以上の水仙が咲き、カメラマンにも絶大な人気を集めています。

会場では水仙の球根や、地元特産物も販売

遊歩道を歩きながら水仙観賞

遊歩道を歩きながら水仙観賞

会場では、地元特産品の青空市が開かれ、近海で採れた魚の天日干し、周辺の畑で栽培した野菜、自家製味噌、漬物、水仙の切り花、球根などを販売。期間中の毎日9:00~12:00、下田温泉旅館協同組合と下賀茂旅館組合加盟の宿泊施設に宿泊の人には甘酒サービス。

水仙の球根なども販売

水仙の球根なども販売

『第51回水仙まつり』期間中のおもなイベント

12月20日(火)10:00~オープニングセレモニーでよさこい演舞。爪木崎名物の鍋「池之段煮味噌(いけんだ煮みそ)」鍋が先着200名に振る舞われます。
1月8日(日)10:00~爪木崎名物の鍋「いけんだ煮みそ」鍋が先着200名に振る舞われ、下田太鼓の実演も。
1月15日(日)10:00~爪木崎名物の鍋「いけんだ煮みそ」鍋が先着200名に振る舞われ、下田太鼓の実演、よさこい演舞も。
1月22日(日)10:00~爪木崎名物の鍋「いけんだ煮みそ」鍋が先着200名に振る舞われ、下田太鼓の実演も。

爪木崎花園から須崎まで約2.7km、所要1時間30分の須崎遊歩道を歩くのも楽しいでしょう。

池之段煮味噌鍋(いけんだにみそなべ)
爪木崎の浜で漁師たちが朝早く獲った磯の魚介を豪快に鍋に投入。ワカメや野菜と一緒に煮立て、自家製の味噌で味付けした素朴な漁師鍋です。

shimodasuisen04

 

爪木崎『水仙まつり』 DATA

開催日 12月20日〜2月10日
所在地 静岡県下田市須崎
場所 爪木崎野水仙群生地
電車・バスで 伊豆急下田駅から爪木崎行きバスで15分、終点下車
駐車場 200台/500円
問い合わせ 下田市観光協会TEL:0558-22-1531/FAX:0558-22-1533
関連HP http://www.shimoda-city.info/

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!