東海道名主の館小池邸

東海道名主の館小池邸

静岡県静岡市清水区由比寺尾、東海道、薩埵峠(さったとうげ)の由比宿側の登り口、寺尾集落にあるのが、東海道名主の館小池邸(とうかいどうなぬしのやかたこいけてい)。由比地区で長年名主を務めた小池家の現存する主屋は、明治時代の建物で、国の登録有形文化財に指定。内部が公開されるほか、薩埵峠ハイキングの休憩施設にもなっています。

薩埵峠ハイキング途中の見学、休憩スポット

低い軒の瓦葺きの外観で、正面に潜り戸付きの大戸、格子など、当時の寺尾地域の民家の面影をよく残しています。
軒先は、腕木(うでぎ)を突き出し、外側の柱面より外に桁(けた)を出した旧街道らしい出桁造り(だしけたづくり)になっています。

東海道名主の館小池邸のある寺尾の町並みから薩埵峠方面にさらに歩くと、倉沢の町並みがあり、西倉沢の一里塚跡(江戸から数えて40番目、約160kmの一里塚)、望嶽亭藤屋(駿府の西郷隆盛と江戸城の無血開城を目指して会談するため、駿府に向かう山岡鉄舟が官軍に追われ、望嶽亭の蔵屋敷で漁師に変装、隠し階段より脱出したという歴史的な地)があります。
倉沢からは本格的な峠越えの道(現在は舗装された狭い農道)となり、振り返れば富士山を仰ぎ見るように。

東海道名主の館小池邸
名称 東海道名主の館小池邸/とうかいどうなぬしのやかたこいけてい
所在地 静岡県静岡市清水区由比寺尾464-9
関連HP 静岡市公式ホームページ
電車・バスで JR由比駅から徒歩10分
ドライブで 東名高速道路清水ICから約10km、東名高速道路富士川スマートICから約12㎞。または、新東名高速道路新清水ICから約15㎞
駐車場 6台/無料
問い合わせ 東海道名主の館小池邸 TEL:054-376-0611
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
薩埵峠

薩埵峠

江戸時代の東海道で「海道(街道)一の絶景」といわれた景勝地が由比(由井)宿(ゆいじゅく/現・静岡市清水区由比)と興津宿(おきつじゅく/現・興津本町)の中間にある薩埵峠(さったとうげ)。東海道本線由比駅から南へと旧東海道(狭い農道)を歩けば4

正雪紺屋

正雪紺屋

静岡県静岡市清水区由比、東海道・由比宿のなかほど、かつて本陣が建っていた由比本陣公園の向かいにある、江戸時代の兵学者、由井正雪の生家と伝えられている家が、正雪紺屋(しょうせつこうや)。老舗の紺屋(こうや=本藍染の染物屋)を営んでおり、手拭い

静岡市東海道広重美術館

静岡市東海道広重美術館

静岡県静岡市清⽔区由⽐、富士山を望む絶景の薩埵峠(さったとうげ)を西に控える東海道由比宿の本陣跡、由比本陣公園内に建つのが、静岡市東海道広重美術館。平成6年、日本で初の歌川広重(安藤広重)の作品を展示する美術館として開館した美術館で、メイン

由比本陣公園

由比本陣公園

江戸時代、東海道の宿場町として栄えた由比(現・静岡市清水区由比)。往時には、本陣、脇本陣を中心に、旅籠(はたご)が建ち並んでいたという。東海道筋のなかで由比は、本陣の敷地が唯一当時のままに残されている地。残念ながら本陣の遺構は残されていませ

東海道名主の館小池邸

おすすめ

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!