天竜川

天竜川

諏訪湖の唯一の水の出口、長野県岡谷市の釜口水門を源流に、伊那谷を南下し、愛知・静岡県境を流れて静岡県浜松市と磐田市の境で遠州灘(太平洋)に注ぐ長大な河川が天竜川(てんりゅうがわ)。幹川流路延長は213kmで、日本第9位、流域面積5090平方キロは日本第12位の河川です。山間の急流部は電源開発にも使われてきました。

天竜川下りは、往時の通船を今に伝える!

通船の歴史を今に伝える天竜川の川下り

江戸時代初期の慶長11年(1607年)、京の豪商・角倉了以(すみのくらりょうい=高瀬川、保津川を私財を投じて開削)が、江戸幕府の命を受け、東大寺大仏殿改築に用いる木材の運搬のため、天竜川を浚渫(しゅんせつ)。
信濃国平出(長野県辰野町)から遠江国掛塚(静岡県磐田市)まで、筏流しで木材を搬送しています。
これが天竜川の木材輸送の始まり。
舟運は、寛永13年(1636年)、殿島〜河口で実験的に実施され(『熊谷家伝記』)、その後、高遠米などの運搬も行なわれ、急流で知られる富士川の船頭をスカウトしたりもして、徐々に拡充していきました。
三河(愛知県)と結んだ中馬街道(「塩の道」)の業者にとって舟運は死活問題だったので、対立もあって、幕府に通船の願いが出されたのは安永8年(1799年)のこと。
中馬街道の業者に配慮して、現在の「天竜舟下り」弁天港近くの新井に会所を設けて下流への通船を開始したのです。

その伝統を今に伝えるのが、2社が運航する天竜川の舟下りで、天竜川随一の景勝地・天竜峡を船で下るもの。
天竜川の急流を下る「天竜舟下り」(信南交通)は弁天港〜時又港(長野県飯田市/6km・所要35分)。
少し下流側で、絶景を堪能する「天竜ライン下り」(天龍ライン遊舟)は天龍峡温泉港〜唐笠港(長野県飯田市、泰阜村/10km・所要50分)。

「天竜舟下り」で下船する時又港は、往時には「丸文」などの廻船問屋、旅館、船宿が建ち並び、通船の拠点として賑わった港です。

伊那谷は、中央アルプス(木曽山脈)と伊那山地との間にあるため、そこを流れる天竜川は、「暴れ天竜」の異名で呼ばれるほど氾濫が多発していました。
とくに「未満水」(ひつじまんすい)と呼ばれる正徳5年(1715年)の氾濫は、土砂が川をせき止め、伊那谷が湖のようになったと伝えられています。

その氾濫を受け、江戸時代半ば、飯田藩主・掘親長(ほりちかなが)は、飯田城下の石工・中村惣兵衛(作事奉行)に堤防の建設を命じて下市田大川除堤(惣兵衛川除/現・長野県高森町下市田)を築いています。
高藤藩でも尾張から石工を招き、松村理兵衛忠欣・常邑・忠良の3代、58年を費やして理兵衛堤防(現・長野県中川村片桐田島)を築いて「暴れ天竜」に対抗しています。

天竜川は諏訪湖が水源ですが、源流(湖口)となる釜口水門(長野県岡谷市)は、昭和11年に竣工。
この釜口水門も諏訪盆地の洪水対策で設置されたもの。

天竜川源流の諏訪湖・釜口水門

河口部には自然地形、砂州が残されている

佐久間ダムと佐久間湖

電源開発は、木曽川と同様に電力王といわれた福沢桃介(福沢諭吉の養子)の手により昭和10年、天竜川本流に泰阜ダム(やすおかだむ/現・長野県泰阜村、阿南町)が築かれたのが始まり。
昭和11年に平岡ダム(現・長野県天龍村)が建設され、本流にダムが築かれたことで木材の筏流しが廃絶されています。
昭和31年に天竜川本流に築かれた佐久間ダム(愛知県豊根村、静岡県浜松市天竜区)は、堤高155m、当時世界で10番目に高いダムで、日本の復興の象徴的な存在になりました(現在でも日本第9位の堤高、第8位の総貯水容量を誇っています)。
人造湖は佐久間湖と命名され、ダム湖百選にも選定されています。

天竜川河口は、自然地形が比較的に残され、磐田市側には竜洋海洋公園が整備され、オートキャンプも可能です。
築山の竜洋富士からは遠州灘を一望に(下山は巨大すべり台の利用も)。
隣接して磐田ウィンドファーム(コスモエコパワー)の巨大な風車が並んでいます。

河口の突端東側部分の砂州上には掛塚灯台(かけづかとうだい)が築かれていますが、明治30年初点灯という歴史ある灯台です(海岸浸食で平成14年に現在地に移設)。

天竜川河口の掛塚灯台

天竜川源流・釜口水門|長野県岡谷市

理兵衛堤防|長野県中川村

佐久間ダム|愛知県豊根村・静岡県浜松市天竜区

天竜川河口・掛塚灯台|静岡県浜松市南区、磐田市

天竜川
名称 天竜川/てんりゅうがわ
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
掛塚灯台

掛塚灯台

静岡県磐田市の天竜川の河口に建つ灯台が掛塚灯台。もともとは、明治13年、 旧幕臣の荒井信敬(あらいしんけい)が私財を投じて改心灯台を建設したのが始まり。明治30年3月25日に官製の掛塚灯台が初点灯しています。平成14年に海岸侵食と地震対策で

佐久間ダム(佐久間湖)

佐久間ダム(佐久間湖)

静岡県浜松市天竜区佐久間町と愛知県北設楽郡豊根村の境界を流れる天竜川に、電力供給を目的に、昭和31年に完成した巨大なダムが佐久間ダム。高度成長期に、バンク・オブ・アメリカから総額900万ドルの借款を得て、建設費に充当。その後の大規模ダム建設

浜岡砂丘

御前崎から天竜川の河口にかけて、遠州灘沿いの海岸線に続く広大な砂丘地帯が「南遠大砂丘」(なんえんだいさきゅう)。河口を利用した漁港以外に港湾施設はなく、約30kmもの砂丘がただただ続く、日本一の砂丘地帯です。鳥取、吹上(鹿児島県)と並び、日

中田島砂丘

浜松市街のすぐ南、市街地に隣接して広がる中田島(なかたじま)砂丘。日本三大砂丘のひとつにも数えられ、全長4km、幅は500m。大量の砂は、愛知県の渥美半島の海食崖が、波で削られて運ばれてきたもので、海岸線に沿って砂漠のように広がる美しい風紋

天竜川

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!