富士山本宮浅間大社は駿河国の一之宮でもある!

全国に1300社ある浅間神社(せんげんじんじゃ)の総本社が富士宮市に鎮座する富士山本宮浅間大社。
世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産の一つになっています。

本殿・拝殿・楼門は家康の寄進

fujisanhonguusandoh

富士山本宮浅間大社は、駿河国(静岡県東部の旧国名)のなかで最も社格の高いとされる神社、一之宮。
駿河国の場合は、
総社:神部神社 (静岡市葵区宮ヶ崎町=静岡浅間神社)
一之宮:富士山本宮浅間大社(静岡県富士宮市宮町)
二之宮:豊積神社 (静岡市清水区由比町屋原)
三之宮:御穂神社 (静岡市清水区三保)
といった具合になっています。

富士山本宮浅間大社の本宮は富士宮市街にありますが、奥宮は富士山頂に鎮座。そして古来、富士山自体がご神体でもあるので、現在も富士山の8合目から上部は富士山本宮浅間大社の霊域(境内)になっています。

現存する本殿・拝殿は、慶長9年(1604年)に徳川家康の造営で、国の重要文化財。寄棟造の社殿の上に三間社流造の社殿がのる、二重の楼閣造となる珍しい形式で「浅間造」(せんげんづくり)と呼ばれています。
徳川家康は、慶長10年(1605年)4月16日に将軍職を辞し、息子・秀忠を後継にして徳川政権の安定を図ります。
つまり、富士山本宮浅間大社の社殿造営は、家康の「将軍時代の集大成」の一部でもあるのです。
慶長12年(1607年)には駿府城に居を移し、「大御所時代」が始まります(隠居という立場を隠れ蓑として大胆な政策を縦横無尽に展開)。
楼門も徳川家康造営と伝わりますが、楼門の左右には安置された随身の背銘に慶長19年(1614)の年号があります。
慶長19年といえば、方広寺鐘銘事件から大坂冬の陣に発展した年。20万人の大軍で大坂城を包囲した年に、楼門は完成しています。

fujisanhonguroumon
↑楼門

境内を散策しよう

富士山本宮浅間大社は武家による信仰も篤く、建久4年(1193)、源頼朝が富士山麓で巻狩り(軍事演習)を行なった際に、駿河国一之宮である富士山本宮浅間大社に参拝。
流鏑馬(やぶさめ)を奉納して、武運長久、天下泰平を祈願しました。
毎年5月4日から6日に桜馬場で齋行される『流鏑馬祭』も、実はこの源頼朝の奉納がルーツなのだとか。

流鏑馬像
↑桜の馬場の流鏑馬像

山宮浅間神社(富士山本宮浅間大社の元宮・山宮)と富士山本宮浅間大社の間では明治7年まで『山宮御神幸』という行事が執り行なわれており、楼門前の石段上にある自然石(鉾立石)は、その「御鉾の渡御」で神鉾を休めた場所。

鉾立石
↑鉾立石

祭神の木花之佐久夜毘売命(このはなさくやひめのみこと)の木花とは桜を意味することから、境内には500本もの桜が植栽されています。
なかでも注目の桜が「信玄桜」。武田信玄が寄進したと伝わる枝垂れ桜で、現在は2代目の桜が咲きます。

信玄桜
↑拝殿前に咲く信玄桜

富士山本宮浅間大社DATA

施設名 富士山本宮浅間大社
住所 静岡県富士宮市宮町1-1
営業時間 開門は11月〜2月6:00〜19:00、3月・10月5:30〜19:30、4月〜9月8:00〜20:00
祈祷受付は8:30~16:30(神楽は16:00まで)
休業日 無休
料金 拝観無料、ご祈祷は5000円〜、厄除け祈願は6000円〜、御神楽奉納1万円〜
電車・バスで JR富士宮駅から徒歩15分
ドライブで 新東名高速道路新富士ICから約8km(17分)
駐車場 150台/5:00〜19:00(出庫は24時間可能)、流鏑馬祭(5月4日〜5月6日)・例祭(11月3日〜11月5日)・1月1日〜1月3日は臨時駐車場を利用/30分まで無料、次の30分まで200円、以降1時間ごとに150円
問い合わせ TEL:0544-27-2002/FAX:0544-26-3762
関連HP 富士山本宮浅間大社公式ホームページ
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

泊まって納得! 達人おすすめの宿(富士宮市)

《ファミリーにおすすめ》
富士ミルクランド 富士朝霧高原ロッジ
Yahoo!トラベルで予約
じゃらんで予約

《おすすめ公共の宿》
休暇村富士
楽天トラベルで予約
iconYahoo!トラベルで予約
じゃらんで予約

《温泉が絶対条件なら》
瓜島温泉翠紅苑さくら
楽天トラベルで予約
iconYahoo!トラベルで予約
じゃらんで予約

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!