さの食堂

さの食堂

静岡県富士宮市にあるご当地グルメ「富士宮焼きそば」の人気店が、さの食堂。コシの強い富士宮やきそばの麺ですが、自慢のラーメンスープを入れて炒めるのが、美味しさの秘密。焼きそば専門店ではなく、あくまでも食堂。鯖の煮付け定食、焼肉定食などもあり、富士宮やきそば定食も人気です。

ラーメンスープを加えるのが味の秘密

JR身延線富士宮駅から徒歩6~7分、JR富士宮駅と富士山本宮浅間大社との中間という便利な場所に建つのが「さの食堂」。

麺は、昭和26年の創業以来、富士宮焼きそばの麺を製造し続ける地元マルモ食品工業のものを使い、
ラーメンスープを加えて、中華鍋で炒めるのが特徴。
旨味をギュっと包み込んだ肉かす(油かすを富士宮では「肉かす」と呼ぶ)は一度冷凍するというこだわりで、そうすることで歯応えがでるのだとか。
「削り粉とウスターソースとのバランスが絶妙。でも、醤油味のラーメンも絶品」とは常連の評価。
麺には少し油っぽさがありますが、仕上げに削り粉をふりかけることで解消されます。

富士宮やきそばを定食にすると、付いてくるのは味噌汁、漬け物、ご飯。

市街地の食堂ゆえに、駐車場の収容台数が少なく、しかもかなり狭いのが難点。
富士山本宮浅間大社に車を入れ、参拝後に歩くという手もおすすめです。

さの食堂
名称 さの食堂/さのしょくどう
所在地 静岡県富士宮市大宮町21-1
電車・バスで JR富士宮駅から徒歩6分
ドライブで 新東名高速道路新富士ICから約7㎞
駐車場 7台/無料
問い合わせ さの食堂 TEL:0544-26-5869
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
富士宮やきそば直営 アンテナショップ

富士宮やきそば直営 アンテナショップ

静岡県富士宮市のご当地グルメ「富士宮やきそば」。平成12年に設立した富士宮焼きそば学会の運営する店が、富士宮やきそば直営アンテナショップ。富士山本宮浅間大社参道入口のお宮横丁にあるので、観光的にも便利な店で、富士宮焼きそばパンがカップに入っ

鉄板焼すぎ本

鉄板焼すぎ本

静岡県富士宮市、昭和23年創業の鉄板焼の店が鉄板焼すぎ本。七輪の練炭火鉢に鉄板をのせてお好み焼きを焼いたのが始まり。その伝統は今も受け継がれ、鉄板で焼く、あるいは鉄板で出てくる富士宮焼きそば、お好み焼きが人気です。オリジナルのブレンドソース

さの食堂

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!