NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で盛り上がる龍潭寺へ!

2017年(平成29年)のNHK大河ドラマは『おんな城主 直虎』(森下佳子原作)。
その舞台でもあり、主人公の柴咲コウ演じる井伊直虎(いいなおとら)の菩提寺でもあるのが浜松市北区引佐町にある龍潭寺(りょうたんじ)です。

『おんな城主 直虎』の菩提寺へ!

NHKの『おんな城主 直虎』によれば、「愛を貫いて自ら運命を切り開き、戦国を生き抜いた女の激動の生涯を描く。」とか。
遠江(とおとおみ=静岡県西部)の井伊家当主・井伊直盛の一人娘として生まれた井伊直虎。永禄3年(1560年)、織田信長が今川義元を討った桶狭間(おけはざま)の戦いで父・直盛は戦死。家督を継いだ直虎は、井伊谷徳政令など内政手腕に優れ「女地頭」と呼ばれて、戦国時代を生き抜きます。
井伊直虎の墓
↑井伊氏歴代墓所(龍潭寺)。右奥から2番目が井伊直虎の墓

居城・井伊谷城に近い龍潭寺は、平安時代からの井伊家の菩提寺。龍潭寺の「龍潭」は、桶狭間の戦いで討ち死にした父・直盛の法号。井伊直虎ゆかりの名刹で小堀遠州作と伝わる庭は、国の名勝にもなっています。

井伊家は関ヶ原の戦いでも徳川家康に与して大活躍。その恩賞で彦根藩の藩主となり、彦根にも龍潭寺を創建します。故郷の龍潭寺も井伊氏の外護を受け、江戸幕府からも朱印状を与えられて繁栄します。

ツアー客も急増中!

NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』でもっとも注目を浴びるのはどこでしょう?
井伊直虎の居城・井伊谷城は、往時の名残を残すものもなく、龍潭寺の一極集中となる見込みなのです。

そんな龍潭寺ですが、住職の武藤宗甫さんに話を聞けば、
「NHKの大河に決まって、びっくり。大変なことになったのと戸惑っています」。
なぜなら、すでに昨年秋頃から観光客(とくにツアー)が急増し、これまでの静寂さが失われつつあること。
そして、観光客の増加に向けての対策(バリアフリーの問題など)をこれから考える必要があるからなのだとか。
詳しくは、武藤宗甫さんインタビューをお聞き下さい。


 

泊まって納得! 取材班おすすめ浜松の宿

浜松市街でちょっぴり優雅に泊まるなら オークラアクトシティホテル浜松

浜松駅に隣接する高層ビル、アクトシティにあるオークラ系列のホテル。
自慢の洋食レストランはもちろん、中華で定評あのある「桃花林」も入っています。

 

浜松市街でエコノミーに泊まるなら くれたけイン・セントラル浜松

浜松を中心に全国展開を図るくれたけホテルチェーンのホテル。
コストパフォーマンスの良さで人気を集め、取材班も利用するホテルです。
さすがにツインは少し手狭なのが難点ですが、予算不足が補えて、余った予算を夕食のうなぎなどに投入できます。
朝食ブッフェもなかなかの充実ぶりです。

 

浜名湖畔で泊まるなら THA HAMANAKO(旧・浜名湖ロイヤルホテル)

浜名湖の湖畔に立つ、ダイワロイヤルホテルグループの宿。
新幹線からもその姿を目にすることができます。
トップシーズンを除けば、案外手頃なプランが用意されているので、浜松旅行の際にはチェックするのが賢明です。
ディナーも和洋中にブッフェが選択可能。
温泉大浴場には露天風呂も併設です。

 

コスパ優先なら 浜名湖リゾート スパ THE OCEAN

リゾートホテルなのにエコノミーに泊まれるのが、弁天島のリゾートホテル「THE OCEAN」。
こちらもくれたけグループの宿で、眼の前に赤い鳥居を望む絶景の地に建つ宿です。
夕食はブッフェですが、なかなかの充実ぶり。
できれば、混雑しないオフシーズンの利用がおすすめ。

井伊直虎が眠る寺・龍譚寺 拝観DATA

施設名 龍譚寺
住所 静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1989
拝観時間 9:00~16:30(閉門は17:00)
休業日 8月15日、12月22日〜12月27日休
拝観料 大人500円、小・中学生200円
電車・バスで JR浜松駅から遠鉄バス奥山行きで45分、神宮寺下車、徒歩10分。天竜浜名湖鉄道気賀駅、金指駅からタクシーで5分
ドライブで 新東名高速道路浜松いなさICから約7.9km(18分)
駐車場 30台/無料
問い合わせ TEL:053-542-0480
公式HP 龍譚寺公式ホームページ
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

龍潭寺

2018.02.16

【マンホールで知る町自慢】静岡県引佐町(現・浜松市)

2016.06.03

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!