出世にご利益大! 浜松城に登城せよ!

「徳川家康が17年間在城した浜松城は、江戸幕府300年の原点となった出世城なんです!」と、強調するのは浜松市の観光関係者。
しかも浜松市のキャラクター「出世大名家康くん」は、浜松市で開催の『ゆるキャラグランプリ2015』では地の利を活かして4万9302票という大量得票でダントツのグランプリ獲得。
さらには浜松市の「福」市長にも就任!と、浜松市は目下、家康で押しに押してます。

ホントに浜松城は出世城!?

 

SONY DSC

桜咲く浜松城

 
さてさて、ホントに浜松城は出世城なのでしょうか?
浜松観光ボランティアガイドの飯尾貞彦さんによれば、
「徳川家康は29歳~45歳までの17年間を浜松城で過ごしました。有名な姉川、長篠、小牧・長久手の戦いもこの期間中の出来事」とまずは、家康の天下取りの人生で「もっとも大切な時代を過ごした地」であることを強調します。

元亀元年(1570年/29歳)/姉川の合戦(織田・徳川VS浅井・朝倉)=○織田・徳川軍勝利
元亀3年(1572年/31歳)/三方ヶ原の合戦(織田・徳川VS武田信玄)=×家康大敗
天正3年(1575年/34歳)/長篠の合戦(織田・徳川VS武田勝頼)=○織田・徳川軍勝利
天正9年(1581年/40歳)/高天神城の合戦(徳川家康VS武田勝頼)=○家康勝利(武田勝頼の名声失墜)
天正12年(1584年/43歳)/小牧・長久手の戦い(徳川家康VS羽柴秀吉)=△次男・於義丸(結城秀康)を秀吉の養子に

家康の浜松城主時代のおもな戦績は、3勝1敗1引き分け。高天神城を除く勝利の2戦はいずれも織田信長主軸の戦だけに、家康には必ずしも「戦に強い」というイメージはありません。

それどころか、三方ヶ原の合戦では命からがら浜松城に逃げ帰る無残な結果に。小牧・長久手の戦いでも雪の北アルプスを越え、家康に援軍を求めた佐々成政の願いを聞き入れずに秀吉と和睦(実際には次男を人質にしていることから敗北的な結果)と、なんとか戦国の乱世を生き延びたといった感じ。

それでも「家康にとって、浜松在城17年間は、徳川300年の歴史を築くための試練の時代だったわけで、こうした試練を乗り越えて、天下を取ったことが大切」(浜松観光ボランティアガイドの飯尾貞彦さん)と、浜松があればこその出世だったと強調します。

水野忠邦も浜松城主だった!

もうひとつ、浜松城が出世城だという理由は、江戸に幕府が開かれて以来、「歴代城主のなかには幕府の要職に登用された者も多いことから、『出世城』と呼ばれるようになったのです」。
天保の改革で知られる水野忠邦も浜松藩主→大坂城代→老中という出世コースを歩んでいます。
たしかに浜松藩主から大坂城代という出世コースがあったようですが、東海道の要衝を守る浜松城の城主は譜代大名が務めるので、そもそも出自が出世街道だったともいえるのです。

現在の浜松城は、昭和33年に再建された鉄筋コンクリート製の復興天守。内部は資料館になっています。
201602210302

浜松城DATA

施設名 浜松城
住所 静岡県浜松市中区元城町100-2
営業時間 8:30~16:30(入園は16:20まで)
休業日 12月29日〜12月31日休
料金 天守閣大人200円、中学生以下無料
地図
電車・バスで JR浜松駅バスターミナル13番のりばから遠鉄バスで6分、浜松城公園入口下車、徒歩すぐ。または、遠州鉄道鉄道線遠州病院駅から徒歩13分
ドライブで 東名高速道路浜松ICから30分
駐車場 浜松城公園駐車場(55台・無料・8:30〜21:00、月1〜2回17:00まで)/浜松城公園鹿谷駐車場(107台・無料・9:00〜17:00)
問い合わせ TEL053-453-3872
公式HP http://www.entetsuassist-dms.com/hamamatsu-jyo/

泊まって納得! 達人おすすめの宿(浜松市)

《浜松市街でちょっぴり優雅に泊まるなら》
オークラアクトシティホテル浜松
一休.comで予約
Yahoo!トラベルで予約
じゃらんで予約
楽天トラベルで予約
icon
《浜松市街でエコノミーに泊まるなら》
くれたけイン・セントラル浜松
Yahoo!トラベルで予約
じゃらんで予約
楽天トラベルで予約
icon
《浜名湖畔で泊まるなら》
浜名湖ロイヤルホテル
Yahoo!トラベルで予約
じゃらんで予約
楽天トラベルで予約
icon
《絶景の宿に泊まるなら》
湖上百景 浜名湖かんざんじ荘
Yahoo!トラベルで予約
じゃらんで予約
楽天トラベルで予約
icon

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!