【マンホールで知る町自慢】富士市

富士市のマンホールに描かれているのは駿河湾越しの富士山です。荒波に浮かぶ富士の勇姿がモチーフ。しかも縁起の良いといわれる赤富士が描かれています。

富士山のビューポイント田子の浦

富士駅前の商店街歩道にあるマンホール

富士山のお膝元、富士市内で数ある富士山を眺望する名所の中、古(いにしえ)からの絶景ポイントは田子の浦です。
「田子の浦に 打ち出でてみれば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ」山部赤人
百人一首のこの歌を思い出す人も多いと思います。
百人一首編纂の基となった『万葉集』に詠まれたこの和歌が、古来、田子の浦が富士山の美しい姿を眺望するビューポイントであったことを証明しています。

田子の浦で波の向こうに富士山とくれば、葛飾北斎の『富嶽三十六景』でも、しっかり押さえられています(『富嶽三十六景』「東海道江尻田子の浦略圖」)。

現在の田子の浦は、駿河湾臨海工業地帯の拠点となっていますが、マンホールに描かれた富士の雄姿と荒波という光景は健在。田子の浦港の「富士と港の見える公園」には、山部赤人の歌碑も立てられています。

『富嶽三十六景・東海道江尻田子の浦略圖』葛飾北斎

『富嶽三十六景・東海道江尻田子の浦略圖』葛飾北斎

駿河湾臨海工業地帯と富士山

波越しに望む駿河湾臨海工業地帯と富士山

かぐや姫が描かれた消火栓マンホール

富士市だからって「富士山だけなんて安易!」と思ってしまうかも知れませんが、そんなことはありません。
富士市比奈(ひな)地区には『竹取物語』の主人公、「かぐや姫が生まれた」という伝説の竹やぶが残っています。
周囲は、竹採公園として整備され、『竹取物語』発祥の地を伝承する「竹採塚」もあります。
富士市にはかぐや姫が描かれた消火栓のマンホールもあるのです。

富士市かぐや姫の消火栓マンホール
竹林

かぐや姫との縁を抱かせる竹林

富士山と切っても切れない『竹取物語』

『竹取物語』では、月に帰るかぐや姫が、帝(みかど)に不老不死の薬を残しました。帝は「かぐや姫がいないのなら、永遠の命など意味がない」と、天に最も近い場所で薬を燃やすよう命じました。
その命を受けて大勢の兵士たちが登っていったから、その高い山を「士(さむらい)に富む山」=「富士山」と名付けたといわれています(「不死の山」という説もあるりますが・・・)。

不老不死の薬を燃やしたの煙は、今もなお山頂から雲の中へ立ち昇っているという話です。

かぐや姫の伝承が残る竹採公園

かぐや姫の伝承が残る竹採公園

竹採公園 DATA

名称 竹採公園/たけとりこうえん
所在地 静岡県富士市比奈2085-4
営業時間 3月〜9月は8:30〜18:00、10月〜2月は8:30〜17:00
休業日 木曜(祝日の場合は翌日)、12月29日〜1月3日休
料金 入園無料
電車・バスで 岳南鉄道比奈駅から徒歩15分
ドライブで 東名高速道路富士ICから国道139号を吉原方面に1.5km走った吉原5交差点を左折、県道22号を4km走った西比奈を吉原三中方面に左折、800m先が竹採公園
駐車場 8台/無料
問い合わせ 富士市役所みどりの課TEL:0545-55-2795/FAX:0545-53-2772

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

たけだゆきえ

(一社)プレスマンユニオン事務局長。 全国を取材するかたわら、デザインマンホールに注目しています。なぜなら、そこには郷土の自慢が凝縮されているから。何気ない足下のマンホールが、実は地域活性にとって重要な役割を担っていることから、ウエブマガジン「マンホールStyle」を運営中です!