尾崎紅葉祭

読売新聞に明治30年1月1日〜明治35年5月11日まで連載された新聞小説が『金色夜叉』(こんじきやしゃ)。前編、中編、後編、続金色夜叉、続続金色夜叉、新続金色夜叉の6編からなる長編ですが、有名なお宮を貫一が蹴り飛ばす、熱海での場面(前編第8章)が1月17日。というわけで毎年1月17日に熱海、お宮の松前で『尾崎紅葉祭』開催。

「来年の今月今夜のこの月を僕の涙で曇らせてみせる」

貫一お宮の像

貫一お宮の像

許婚(いいなづけ)の関係にあった間貫一(はざまかんいち)と鴫沢宮(しぎさわみや)。結婚を間近にしながら、両親の勧めに従って富豪・富山唯継に嫁ごうとする宮と、これを裏切りと感じた貫一は、1月17日の月の夜、熱海の海岸で泣く泣く別れることに。貫一は宮を蹴り飛ばし、復讐のために、高利貸しになる・・・。

これが有名な「熱海海岸の場」で、その別れの名シーンに欠かせないのが、お宮の松です。

熱海市では、日本中の人々が、熱海の名を知るきっかけとなった『金色夜叉』の作者・尾崎紅葉の偉業を讃え、遺徳を偲んで、毎年1月17日に『尾崎紅葉祭・紅葉筆塚祭』を開催(『紅葉筆塚祭』は、湯宿一番地前で関係者による神事のみ)。

お宮の松前(東海岸町)を会場にする『尾崎紅葉祭』は、13:00~献花、さらに熱海芸妓による舞踊「金色夜叉」(貫一お宮泣き別れ名場面)の上演があります。また仲見世振興会での「貫一・お宮鍋の振る舞い」、起雲閣での記念講演も。

『金色夜叉』(前編第8章)から抜粋

「吁(ああ)、宮(みい)さんかうして二人が一処に居るのも今夜ぎりだ。お前が僕の介抱をしてくれるのも今夜ぎり、僕がお前に物を言ふのも今夜ぎりだよ。一月の十七日、宮さん、善く覚えてお置き。来年の今月今夜は、貫一は何処(どこ)でこの月を見るのだか! 再来年(さらいねん)の今月今夜……十年後(のち)の今月今夜……一生を通して僕は今月今夜を忘れん、忘れるものか、死んでも僕は忘れんよ! 可いか、宮さん、一月の十七日だ。来年の今月今夜になつたならば、僕の涙で必ず月は曇らして見せるから、月が……月が……月が……曇つたらば、宮さん、貫一は何処かでお前を恨んで、今夜のやうに泣いてゐると思つてくれ」

尾崎紅葉(1868年〜1903年)

尾崎紅葉(1868年〜1903年)

ヴァイオリン演歌 『新金色夜叉』

作詞:宮島郁芳
作曲:後藤紫雲

1.熱海の海岸を散歩する 貫一お宮の二人連れ 共に歩むも今日限り 共に語るも今日限り
2.僕が学校おわるまで 何故(なぜ)に宮さん待たなんだ 夫に不足が出来たのか さもなきゃお金が欲しいのか
3.夫に不足はないけれど あなたを洋行さすがため 父母の教えに従って 富山一家に嫁(かしず)かん
4.何故(いか)に宮さん貫一は これでも一個の男子なり 理想の妻を金に替え 洋行するよな僕じゃない
5.宮さん必ず来年の 今月今夜の此の月は 僕の涙で曇らして 見せるよ男子の意気地から
6.ダイヤモンドに目がくれて 乗ってはならぬ玉の輿 人は身持ちが第一よ お金はこの世のまわり物
7.恋に破れし貫一は すがるお宮を突き放し 無念の涙はらはらと 残る渚に月淋し
 

尾崎紅葉祭 DATA

開催日 1月17日
時間 13:00〜
所在地 静岡県熱海市東海岸町
場所 「お宮の松」前
電車・バスで JR熱海駅から徒歩15分
ドライブで 西湘バイパス石橋ICから真鶴道路、熱海ビーチライン経由17kmで熱海サンビーチ。お宮緑地の横に市営東駐車場がある
駐車場 320台(市営東駐車場)/有料
問い合わせ 熱海市生涯学習課TEL:0557-86-6233
関連HP http://www.ataminews.gr.jp/

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!