浜松で鰻を味わうなら「うな茂」がイチオシ!

関東風、関西風でもっとも評価が分かれるのが、鰻。
「せっかくの鰻を蒸して脂をとって不味くするなんて愚の骨頂!」と西軍が唱えれば、
「甘辛いし、焦げっぽいし、品がないにもほどがある」と東軍が応戦します。
腹から開いて蒸さずに焼く=関西風と、背開きにして白焼きした後、蒸して再び焼く=関東風の両方が味わえるのが浜松界隈です。
今回紹介する「うな茂」は、関西風の店。

地元の人がイチオシの関西風の店

 
unashige02

脂の乗ったパリッとした香ばしさを求めるなら、断然、関西風です。
しかも、この「うな茂」は、鰻にうるさい地元の人も足繁く通う店。
「観光客の多い店は、値段が高くて小さい鰻。この店は地元の人が多いからその点も良心的」
と、この店を一押しする浜松在住のグルメ、舩越安男さん。
駅から少し離れていますが、鰻好きなら一度は訪れる価値のある名店です。

本来、鰻を蒸すのは、鰻の泥臭さを落とすためともいわれています。
活鰻を使う「うな茂」では、当たり前のように清水に何日もさらして臭みを取り去ります。
「注文を受けてから捌くので少しお待ちいただくことがあります。しかし、新鮮な鰻を焼かないと鰻に雑味が交じります」
とのこと。
unashige03

焼き、タレとこだわりが尋常じゃないぞ!

「鰻の旨さは焼き加減で決まる」と断言する主人だから、焼きに対するこだわりもすごい。
「焼きが浅いと中まで脂がまわらず、深みのない味に。かといって焦がしてもダメ!」
絶妙な焼き加減が、カリカリの食感とジューシーな脂のバランスを生み出すのだという。
これぞ、関西風ならではのこだわり!

しかも、この店、なんと、鰻にかけるタレとご飯にかけるタレを分けているのです。
「鰻は関東風だ!」と断言する皆さん、ぜひ一度この店に足をお運び下さい。
「関西風もスゴい!」と頷いていただけることでしょう。

うな茂DATA

店名 うな茂
住所 静岡県浜松市中区葵西5-6-36
営業時間 11:00~14:00/16:30~20:30
休業日 火曜休(祝日の場合は営業)
地図
電車・バスで JR浜松駅から遠鉄バス気賀・三ヶ日行きで40分、姫街道車庫下車、徒歩1分
ドライブで 東名高速道路浜松西ICから5分
駐車場 11台/無料
問い合わせ TEL053-437-3741/FAX053-439-6291
公式HP http://www.unashige.com/

泊まって納得! 達人おすすめの宿(浜松市)

《浜松市街でちょっぴり優雅に泊まるなら》
オークラアクトシティホテル浜松
一休.comで予約
Yahoo!トラベルで予約
じゃらんで予約
楽天トラベルで予約
icon
《浜松市街でエコノミーに泊まるなら》
くれたけイン・セントラル浜松
Yahoo!トラベルで予約
じゃらんで予約
楽天トラベルで予約
icon
《浜名湖畔で泊まるなら》
浜名湖ロイヤルホテル
Yahoo!トラベルで予約
じゃらんで予約
楽天トラベルで予約
icon
《絶景の宿に泊まるなら》
湖上百景 浜名湖かんざんじ荘
Yahoo!トラベルで予約
じゃらんで予約
楽天トラベルで予約
icon

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!