大江八幡宮で『御船神事』(牧之原市)

牧之原市の大江八幡宮で国の無形民俗文化財『御船神事』が齋行されます。田沼意次の時代(享保年間)に廻船問屋が航海の安全と商売繁盛を祈願して創始したと伝えられる、海上安全を祈願する古式豊かな漁師町の祭礼です。『御船神事』は、牧之原市内4ヶ所の神社で毎年秋に行なわれる神事ですが、大江八幡宮のみ国の無形民俗文化財。撮影/大石正英

普段は静かな八幡宮もこの日ばかりは活気あふれる

普段は静かな八幡宮もこの日ばかりは活気あふれる

 

御船を上下に激しく振る様子が圧巻

精巧にできた菱垣回船と樽回船の模型(御船)をあやつり、そろいの浴衣姿の「船若衆」が4人1組で御船を担ぎ、船首を持ち上げたり、船尾を持ち上げたりと波間にいきかう千石船の様を表現しながら氏子地域を練り歩きます。
神事に使う御船は、菱垣廻船と樽廻船を精巧に模したもので、実物の10分の1、全長は2m、重さ50kgもあります。御船神事は木遣歌(きやりうた)を歌って先導する歌の名手「師匠」と御船を担ぐ「船若」で構成されています。
木遣歌にあわせて御船を上下に激しく振るのは、廻船が大海原の荒波を乗り越えていく様子を表現しているのだとか。
祭礼は9月17日(土)から3日間に渡りますが、『御船神事』は9月18日(日)に齋行。
奈良時代頃から榛南地区の海上交通の中心として萩間川河口に開けたのが相良湊。大坂と江戸を結ぶ廻船の拠点としても賑わいました。
同日に齋行される飯津佐和乃(はづさわの)神社で行われる『御船神事』は、明治29年に大江八幡宮の行事から独立して始まったもの。

ooehachiman03
ooehachiman04

大江八幡宮 御船神事 DATA

開催日 2016年9月18日(日)
開催時間 9:00~
所在地 静岡県牧之原市大江1606
場所 大江八幡宮
電車・バスで JR静岡駅・藤枝駅からしずてつバスで、相良営業所下車、徒歩20分
ドライブで 東名高速道路牧之原ICから20分。または、吉田ICから25分
問い合わせ 牧之原市社会教育課
TEL:0548-53-2646/FAX0548-53-2657

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!