浜松城

1570(元亀元)年、武田信玄の西侵に備えるため、徳川家康は本拠地を三河国岡崎城(現・愛知県岡崎市)から遠江国浜松荘へ移します。さらに当時の地名、曳馬という名が「馬を引く」(敗北)に通じることから浜松荘(荘園の名)に因んで浜松と改めています。家康の天下取りの起点となった城のため地元では「出世の城」としてPRしています。

「出世城」とも呼ばれるそのワケは!?

1573(元亀3)年、三方ヶ原の戦いで、徳川家康は武田信玄軍に撃破され、影武者を使って命からがら浜松城に逃げ帰っています。
29歳から45歳までの17年間、青年期の徳川家康を育んだ浜松城。
有名な姉川の戦い、三方ヶ原の戦い、長篠の戦い、高天神城攻略、小牧・長久手の戦いもこの期間中のできごとです。

浜松城主となることが、徳川幕府誕生への登竜門だったことや、歴代城主の多くが後に江戸幕府の重役に出世したことから、別名「出世城」とも呼ばれています。

浜松城の城郭は南北約500m、東西約450m。
西北の最高所に天守曲輪(くるわ)、その東に本丸、二の丸、三の丸と一直線に並ぶ「梯郭式」の築城法と採用しています。

浜松城公園として整備された本丸跡には勝草と呼ばれためでたい歯朶(シダ)を手にする「若き日の徳川家康公の銅像」も立っています。

本丸一帯は浜松城公園として整備されています

若き日の徳川家康公の銅像

美しい野面積みの石垣にも注目を

この門をくぐって模擬天守へ

地下には井戸も復元されています

野面(のづら)積みという、一見無造作に積まれた石垣の上に、壮麗な天守が築かれていますが、この天守は、昭和33年に再建された模擬天守。

再建天守の内部には、家康が19歳のときに着用したといわれる金陀美具足などの鎧や刀剣などが展示されています。

三方ヶ原の戦いで、命からがら浜松城に戻った際に、絵師に自分に対する戒めとして描かせたと伝わる『顰像』(しかみぞう)も飾られています(レプリカ/実物の『徳川家康三方ヶ原戦役画像』は徳川美術館所蔵/近年の研究で、異説がでています)。

最上階は展望室になっていて浜松市街を一望に。
地下には井戸も再現されています。

また一帯は浜松城公園として整備され、春にはソメイヨシノが咲き誇ります。浜松市街には家康のゆかりの地を巡る「家康の散歩道」も用意。

天守内部は火縄銃などを陳列する資料館に

これが有名な『顰像』(展示されるのはレプリカ)

 

浜松城 DATA

名称 浜松城/はままつじょう
所在地 静岡県浜松市中区元城町100-2
公式HP http://www.hamamatsu-navi.jp/shiro/
電車・バスで JR浜松駅バスターミナル13番のりばから遠鉄バスで6分、浜松城公園入口下車、徒歩すぐ。または、遠州鉄道鉄道線遠州病院駅から徒歩13分
ドライブで 東名高速道路浜松ICから県道65号を2km走った北島ICを右折、国道152号へ。国道152号を6km走った市役所前交差点を左折すれば浜松城
駐車場 浜松城公園駐車場(55台)・浜松城公園鹿谷駐車場(107台)/無料
問い合わせ TEL:053-453-3872

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!