岐佐神社(浜松市)

平安時代(927年)編纂の『延喜式神名帳』に「遠江国六十二座、敷智郡六座の一座」との記載がある浜名湖屈指の古社。祭神は蚶貝比賣命(きさがいひめのみこと)、蛤貝比賣命(うむぎひめのみこと)と全国的にも珍しい浜名湖らしい貝の女神が祭神。昔、鎮座地をキサガイが多く採れたことから象島(きさしま)といいました。

貝を神格化した女神が祭神

実は蚶貝比賣命は、キサガイを神格化した女神、そして蛤貝比賣命は、浜名湖の特産であるハマグリを神格化した女神です。
ハマグリは江戸時代、舞坂宿の名物だったのです。
岐佐神社は、1498(明応7)年に起こった「明応東海地震」で浜名湖の湖口が切れて舞澤の郷は水没。
そこにあった神社も水没しましたが、堆砂の丘の上の柳の古木の根元に『岐佐大明神』の小神祠を発見。社殿を再建したと伝えられています。「明応東海地震」では駿河・遠州だけで2万6000人以上が津波などの被害にあったと推測されています。

有名な『舞阪太鼓まつり』の起源は定かでありません。神社の記録によると慶安元年(1648)に「毎年9月15日に踊りを奉納」とあり、江戸時代には踊りが主体だったと推測できます。太鼓が登場するようになったのは江戸時代末期のこと。
明治以降に氏子町の西町、砂町(すなまち)、新町(しんまち)、仲町(なかまち)が競って大きくしていった結果、大型化が進みました。

旧暦9月15日に行なわれる『舞阪太鼓まつり』

旧暦9月15日に行なわれる『舞阪太鼓まつり』

関連イベント

舞阪太鼓まつり(浜松市)

岐佐神社(浜松市) DATA

名称 岐佐神社/きさじんじゃ
所在地 静岡県浜松市西区舞阪町舞阪1973
営業時間 参拝自由
電車・バスで JR弁天島駅から徒歩15分
ドライブで 東名高速道路浜松西ICから25分
駐車場 3台/無料
問い合わせ TEL:053-592-0304/FAX:053-592-8487
公式HP http://www.kisa-jinja.jp/

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!