鹿島の花火大会

『鹿島の花火』(かじまのはなび)明治8年、椎ヶ脇神社奉納煙火としての初打ち上げ以来、140年余りとなる東海道沿線で最も古い伝統と歴史のある花火大会。尺玉(10号玉)やスターマイン、仕掛け花火など4000発が夜空を彩ります。

鹿島の花火は山に響く音響が自慢

毎年8月の第1土曜に開催される花火大会。
仕掛け花火、スターマイン、尺玉の打ち上げなど、周辺の山々にこだまする音が印象的です。

もともとは、天龍川での船の安全航行の守り神であった椎ヶ脇神社(しいがわきじんしゃ/浜松市天竜区二俣町鹿島1-14)の例大祭に打ち上げられた奉納煙火(奉納花火)がルーツ。
8月20日に斎行された例大祭は、当時、林業、養蚕、鉱業で栄えていた二俣町ということもあって、日本中から多数の見物客が訪れたのだとか。
鹿島の花火は「日本一壮観極まる」と喧伝され、北鹿島「北煙火連」と西鹿島「西煙火連」の若連が花火の打ち上げを競いあったのです。
戦前は、二俣町自ら「日本一の花火大会」と自称していたほど隆盛をみせました。

会場は、遠州鉄道・天竜浜名湖鉄道西鹿島駅から徒歩10分の天竜川の河原(鹿島橋南詰上流部)。
河川敷に設置される有料観覧席は前売800円、当日1000円。
対岸の鳥羽山公園からも鑑賞できます。

鹿島の花火大会 DATA

開催日 2016年8月6日(土)、小雨決行、荒天の場合は8月7日(日)に順延
開催時間 19:00~21:00
打上数 4000発
所在地 静岡県浜松市天竜区
場所 天竜川鹿島橋付近の河川敷
地図
電車・バスで 遠州鉄道・天竜浜名湖鉄道西鹿島駅から徒歩10分
駐車場 1000台(各所に点在)
問い合わせ 天竜区観光協会天竜支部TEL:053-925-5845

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!