浜松市で『第26回遠州はまきた飛竜まつり』

「暴れ天竜」と呼ばれ、竜のように暴れ川筋を変えた雄大な天竜川。
この天竜川に隣接する浜北地域(旧浜北市)では水(川)の神様「竜神」にちなんで、竜をシンボルとして『遠州はまきた飛竜まつり』を開催。

飛竜火まつりには手筒花火も登場

全長約60mの飛竜が作成され、空に舞い上がります。
3.2m×2.4mの大凧を使った『浜北凧揚げ』、遠州大念仏、飛竜太鼓演奏、手筒花火、打ち上げ花火が行なわれる『飛竜火まつり』、100店が出店する『水の道物産店』などが行なわれます。「浜北凧」は、端午の節句の祝い凧で、約300年の伝統を誇り、「五縁(ごぼち)凧」と呼ばれてきました。形状は横長で、糸目は上下2本のみの珍しい凧。背面上部に取り付けられた「くじら棒」と呼ばれるうなりが「ブーンブーン」と音を響かせるのも特徴です。

飛竜まつり

5月28日(土)なゆた・浜北会場=飛竜太鼓・龍神太鼓ほか。天竜川中瀬緑地会場=11:00~16:00浜北凧揚げ/18:50~21:00飛竜火まつり(遠州大念仏、飛竜太鼓、よさこい踊り、たいまつ行列、手筒花火、打ち上げ花火、飛竜ナイアガラ)。
5月29日(日)天竜川中瀬緑地会場=水の道物産展(11:00~16:00)・浜北凧揚げ(10:00~16:00)など。
手筒花火
 

泊まって納得! 取材班おすすめ浜松の宿

浜松市街でちょっぴり優雅に泊まるなら オークラアクトシティホテル浜松

浜松駅に隣接する高層ビル、アクトシティにあるオークラ系列のホテル。
自慢の洋食レストランはもちろん、中華で定評あのある「桃花林」も入っています。

 

浜松市街でエコノミーに泊まるなら くれたけイン・セントラル浜松

浜松を中心に全国展開を図るくれたけホテルチェーンのホテル。
コストパフォーマンスの良さで人気を集め、取材班も利用するホテルです。
さすがにツインは少し手狭なのが難点ですが、予算不足が補えて、余った予算を夕食のうなぎなどに投入できます。
朝食ブッフェもなかなかの充実ぶりです。

 

浜名湖畔で泊まるなら THA HAMANAKO(旧・浜名湖ロイヤルホテル)

浜名湖の湖畔に立つ、ダイワロイヤルホテルグループの宿。
新幹線からもその姿を目にすることができます。
トップシーズンを除けば、案外手頃なプランが用意されているので、浜松旅行の際にはチェックするのが賢明です。
ディナーも和洋中にブッフェが選択可能。
温泉大浴場には露天風呂も併設です。

 

コスパ優先なら 浜名湖リゾート スパ THE OCEAN

リゾートホテルなのにエコノミーに泊まれるのが、弁天島のリゾートホテル「THE OCEAN」。
こちらもくれたけグループの宿で、眼の前に赤い鳥居を望む絶景の地に建つ宿です。
夕食はブッフェですが、なかなかの充実ぶり。
できれば、混雑しないオフシーズンの利用がおすすめ。

EVENT DATA

開催日 2016年5月28日(土)〜5月29日(日)
開催地住所 静岡県浜松市浜北区中瀬
開催場所 竜川中瀬緑地
地図
電車・バスで 遠州鉄道浜北駅前からシャトルバス運行予定
ドライブで 東名高速道路浜松ICから20分
駐車場 500台/無料
問い合わせ 飛竜まつり実行委員会TEL053-585-1116

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!