下田きんめ祭り

金目鯛の水揚げ量が日本一の伊豆下田。金目鯛は水深500m前後に住む深海魚。
春から夏にかけては産卵期前。つまり6月〜7月は金目鯛に脂がのっておいしい季節ということで、下田市で『下田きんめ祭り』を開催。

バラエティー豊かな金目鯛料理にビックリ!

下田漁港の金目鯛年間漁獲量は3000~4000トン。なんと下田に揚がる魚の8割が金目鯛なんだとか。
「金目鯛の料理といえば代表的なのが煮付けと刺身です。下田の飲食店では、しゃぶしゃぶ、ラーメン、カツ丼、しゅうまい、さらにはバーガーやコロッケなどバラエティー豊富な金目鯛料理が楽しめます」(下田市観光協会)とのこと。
漁獲高だけでなく、金目鯛料理のメニュー数も日本一なんだとか。

『下田きんめ祭り』期間中、下田きんめ祭り抽選券配布加盟店で、1000円以上の食事や買いものにをすると抽選券1枚がゲットできます。
もちろん、市内加盟宿泊施設に宿泊した場合にも1名につき1枚抽選券がもらえる仕組み。

これを以下に設置の投票箱に入れればOK(期間中3回抽選会)。
賞品は金目鯛、商品券、地場産品のなかから選択できます。

【抽選箱設置箇所】
・道の駅「開国下田みなと」2階(9:00~17:00)
・下田市観光協会駅前案内所(10:00~17:00)
・下田商工会議所(8:30~17:15/土日曜定休)
・下田公園 あじさい祭イベント会場(9:00~16:00)

kinmefes05

kinmefes04
 

期間中、下田魚市場の見学も可能!

 
期間中、きんめ市場(伊豆漁協下田魚市場)にて金目鯛などの水揚げ見学を実施。
市場内には立ち入ることはできませんが、市場のギリギリに特設エリアを設けており、かなり間近に見学することができます。
水揚げは7:30から9:00頃。8:00前後が入札時間となります。
火・土曜は漁がお休みで、水揚げがなく、当然、シケの後も休み。

伊豆のせんたんコンシェルジェ(0558-23-7577)では、きんめ市場の見学や、きんめグルメの試食などを楽しむ「日本一の金目鯛を巡るツアー」を実施。所要2時間30分、2名以上の参加で要予約。参加費は1名3000円。

6月中は「下田あじさい祭」が同時開催され、注目の下田市になっています。

kinmefes02 kinmefes03

下田きんめ祭り DATA

開催日 6月1日〜6月30日
抽選箱設置箇所 ・道の駅「開国下田みなと」2階(9:00~17:00)
・下田市観光協会駅前案内所(10:00~17:00)
・下田商工会議所(8:30~17:15/土日曜定休)
・下田公園 あじさい祭イベント会場(9:00~16:00)
地図
問い合わせ 下田市観光協会TEL:0558-22-1531

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!