新橋浅間神社で『富士山(御殿場口)開山式』

富士山の御殿場口で開山式が行なわれ、富士登山のシーズンが始まります。
御殿場口での開山式の会場は新橋浅間神社です。

会場は新橋浅間神社

御殿場口新五合目の標高は、1440m。
富士宮口、吉田口に比べて1000mも低いかさ上げした「新五合目」のため、富士山頂までの高度差は、4コース中最大。
なんと2300mという最大の高度差を誇る登山道です。
豪快な「大砂走り」のコースが下山道となっています。

御殿場市の新橋浅間神社で行われる開山祭では、「三歳児健脚祈願」が齋行されます。
長さ3m・幅1.2mの巨大なわらじに三歳児を10名ほど乗せ、富士登山者のような健脚になりますようにと祈願するもの。

【静岡・浜松・伊豆情報館MEMO/新橋浅間神社】

富士山の御殿場口(富士山東表口参道宮)に鎮座する浅間神社。
社伝によれば、平安時代末期の応保元年(1161年)、熊野信仰衆徒の鈴木氏が造営といわれています。また、建久4年(1193年)、源頼朝が富士の巻狩りをした際に創建ともいわれますが定かでありません。
江戸時代初期の延保8年(1680年)、新橋村(現・御殿場市新橋)の『村鏡差出長』には「五社浅間宮」と記されています。五社とは、浅間・神明・八幡・天神・愛鷹大明神のこと。
神社が繁栄するのは、明治16年8月、旅館富士屋の伴野佐吉が宝永山で須山口と合流する新道(富士山東表口)を切り開いてから。
明治22年には東海道線(現在の御殿場線=丹那トンネル開通以前は東海道線)が開通し、馬車で御殿場口に到達して山頂を目ざす人が急増しました。
大正2年7月には太郎坊がスタートで山頂がゴールという『第一回富士山登山競争』が時事新報社の主催によって開催されています。
境内には地下85mから毎分300リットル自噴する湧水「木の花名水 (このはなめいすい)」もあります。

富士山(御殿場口)開山式 EVENT DATA

開催日 7月1日
開催時間 10:00〜
開催地住所 静岡県御殿場市新橋2081-2
開催場所 新橋浅間神社
地図
問い合わせ 御殿場市観光協会TEL:0550-83-4770

泊まって納得! 達人おすすめの宿(御殿場市)

《ちょっぴり優雅に泊まるなら》
マースガーデンウッド御殿場
Yahoo!トラベルで予約
じゃらんで予約
楽天トラベルで予約
icon
《エコノミーに泊まるなら》
ホテルグリーンプラザ富士
Yahoo!トラベルで予約
じゃらんで予約
楽天トラベルで予約
icon

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!