第29回大井川大花火大会

街道時代に蓮台や肩車で川を渡る大井川渡しで賑わったその場所で、夜空に大輪の花が咲きます。
打ち上げ場所は、まさに旅人が行き来した大井川の河川敷(JR東海道本線鉄橋と県道鉄橋の間)。

金谷側と島田側、大井川の両岸同時に打ち上げるので、迫力満点

開くと直径が500mにも達する超巨大な2尺玉、創作花火やスターマインなど8000発が打ち上げられ、例年15万人以上の人出があります。
花火は大井川の両岸から打ち上がるので、大井川の島田宿側の河川敷でも、金谷宿側の河川敷でも観賞が可能です。

「金谷側と島田側同時に打ち上げるので、迫力が違います」(島田市観光協会)と胸を張りますが、花火と音のステレオ効果は想像以上です。
島田川の河川敷のほうがやや広々としていますが、アプローチの便で優先させるのがいいでしょう。
それぞれ、JR島田駅または金谷駅から徒歩20分とアプローチもほぼ同じです。

大井川大花火大会 DATA

開催日 2016年8月10日(水)、予備日は8月27日(土)
開催時間 19:30〜
打上数 8000発
所在地 静岡県島田市河原1丁目地先
場所 大井川河川敷(JR東海道本線大井川鉄橋と県道381号大井川橋の間)
電車・バスで JR島田駅、JR金谷駅から徒歩20分。または、JR島田駅から島田金谷病院線金谷駅行きバスで、向島西下車、徒歩10分。JR金谷駅から島田金谷病院線島田市民病院行きで東町下車、徒歩5分
ドライブで 新東名高速道路島田金谷ICから5分。または、東名高速道路吉田IC、牧之原ICから20分
駐車場 両岸の河川敷に臨時駐車場設置/無料
問い合わせ 島田市観光協会TEL:0547-46-2844

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!