【除夜の鐘&初詣】可睡斎(遠州三山/袋井市)

秋葉総本殿可睡斎(あきばそうほんでんかすいさい)は、袋井市郊外にあり、室町初期に開かれた曹洞宗の巨刹。その昔、徳川家康に招かれた11代住職の等膳和尚が、家康の目の前でいねむりを始め、家康が「和尚睡(ねむ)る可(べ)し」と言ったことから、可睡斎の名があるという家康ゆかりの名刹です。

1月1日から『可睡斎ひなまつり』もスタート

除夜の鐘は、例年、12月31日23:30〜人数制限なしで撞くことができます。正月特別限定精進料理も用意され、精進吉兆膳1500円(当日申込可、諸堂拝観券付)。

1月1日〜1月15日は、『年頭祈祷』、1月2日は『檀中年賀』、1月7日は『門葉寺院年賀拝登』が執り行なわれます。
また1月1日〜3月31日は、32段1200体の雛人形が飾られる『可睡斎ひなまつり』が行なわれます。

 『可睡斎ひなまつり』

『可睡斎ひなまつり』

 

【除夜の鐘&初詣】可睡斎(遠州三山/袋井市) DATA

所在地 静岡県袋井市久能2915
公式HP http://www.kasuisai.or.jp/
電車・バスで JR袋井駅から静鉄バス可睡経由遠州森町行きで10分、可睡下車、徒歩1分
ドライブで 東名高速道路袋井ICから5分
駐車場 300台/無料
問い合わせ TEL:0538-42-2121/FAX:0538-42-1429

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!