藤枝大祭(藤枝市)

江戸時代、田中城の鬼門を守る青山八幡宮の大祭に、藤枝宿の屋台が神興披露の行列に付き従ったのが始まりという『藤枝大祭』。飽波神社(あくなみじんじゃ)例祭が、3年に一度だけ『藤枝大祭』となります。2016年は、まさに『藤枝大祭』の年となります!

平成28年は三年に一度の大祭!

江戸時代、青山八幡宮大祭の最終日に、円形のユニークな城郭の田中城内に屋台が入り、藩主や藩士に披露されていました。
明治4年の廃藩置県で、田中藩が解体。藤枝宿の総社である飽波神社の大祭に屋台の曳き回しが移行されました。
飽波神社の例祭は毎年行なわれますが、大祭となるのは、寅(とら)・巳(み=へび)・申(さる)・亥(い=いのしし)の年のみ。現在ではこの飽波神社大祭を『藤枝大祭』と呼んでいます。

明治時代までは、「三層高欄型山車」と、唐破風屋根に踊り舞台を備える「踊り屋台」とが結合する独自な山車屋台でしたが、それが電線、電話線の邪魔になるということで、踊り屋台(幕引き屋台)のみの形態になっています。
三層高欄型山車の時代には、山車の三層高欄の部分に飾る人形を競いあい、その人形に合わせて手踊りが披露されていました。
現在では長唄による地踊り披露というスタイルに変わっています。長唄・三味線・囃子方というフルメンバーによる演奏で、地踊り(手踊り)を披露しています。
この長唄による手踊りという祭礼形態が継承されているのも、現在では旧東海道沿いの藤枝・島田・掛川のみ。
「1台の屋台で80人以上もの踊り手がいっせいに踊る藤枝大祭りのようなところは、他にありません。まさに日本一の長唄の地踊りです。最終日には、連合会本部前(千歳公園)で各屋台の曳き回しと地踊り披露がありますので、どうぞご覧下さい」(藤枝市商業観光課)とのこと。

『藤枝大祭』には旧藤枝宿の9町と隣接5町の、合わせて14町から屋台が曳き廻されます。

飽波神社(あくなみじんじゃ/静岡県藤枝市藤枝5-15-36)は、社伝によれば仁徳天皇6年(316年)の創祀。藤枝周辺ではもっとも古い創建で、平安時代初期編纂の「延喜式神名帳」にも記載されています。

関連記事

城郭が円形!? 田中城に登城

田中城下屋敷を見学

田中城には信玄、家康、信長、秀吉が逗留!

田中城で食した「鯛の天ぷら」が家康の死因!?

藤枝大祭 DATA

開催日 2016年9月30日(金)〜10月2日(日)
開催時間 大祭スケジュール
所在地 静岡県藤枝市藤枝5-15-36
場所 飽波神社周辺(旧東海道藤枝宿)
電車・バスで JR藤枝駅北口から臨時バス運行
ドライブで 10月1日・2日13:00〜21:00、勝草橋~藤岡入口の旧東海道に交通規制されます
問い合わせ 藤枝市観光案内所TEL:054-647-1144
公式HP http://www.fujiedataisai.jp/

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!