【除夜の鐘&初詣】橘谷山大洞院(森町)

橘谷山大洞院(きっこくざんだいとういん)は、1411(応永18 )年開山の遠州森の名刹。曹洞宗の大本山総持寺の五院として、全国に3400以上もの末寺を有しています。境内には清水の次郎長の子分、有名な森の石松の墓があり、勝負運、子授け、厄除けの寺としても有名です。

森の石松の墓のある大洞院に初詣!

ご本尊は、麻蒔地蔵菩薩。鐘楼堂に下がる鐘は、第2次世界大戦では供出し、現在の鐘は昭和24年に鋳造されたもの。
除夜の鐘は、23:45頃から撞き始めますが、例年、一般の参詣者は先着順に108人まで撞くことが可能です(整理券はありません)。
 

【除夜の鐘&初詣】橘谷山大洞院(森町) DATA

所在地 静岡県周智郡森町橘249
電車・バスで 天竜浜名湖鉄道遠州森駅からタクシーで10分
ドライブで 新東名高速道路森掛川ICから約5.5km(13分)
駐車場 50台/無料
問い合わせ TEL:0538-85-2009

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!