元祖カピバラの露天風呂(伊豆シャボテン動物公園)

伊豆シャボテン動物公園(静岡県伊東市)は、今や「伊豆の冬の風物詩」にもなっている『元祖カピバラの露天風呂』を今年も実施。現在、全国の動物園で人気となっているカピバラの入浴ですが、伊豆シャボテン動物公園では、昭和57年に開始。それが「元祖」たるゆえんとなっています。

カピバラ温泉のルーツが伊豆シャボテン動物公園

伊豆シャボテン動物公園では昭和41年からカピバラの飼育を始めたというカピバラ飼育の老舗。
昭和57年の冬のある日のこと、飼育スタッフが、お湯を使ってカピバラの展示場を掃除していたところ、溜まったお湯にカピバラがゆったりとつかる姿を発見。
「これをヒントに、寒い冬はお風呂で温まってもらおうと展示場に露天風呂をつくり、毎年『カピバラの露天風呂』を行なうようになりました」(伊豆シャボテン動物公園)。
ちなみに『カピバラの露天風呂』(登録番号5509845号)、『カピバラの温泉』(登録番号5509846号)は、ちゃんと登録商標になっているのです。

11月26日(いい風呂の日)の『たらい湯』

11月26日(いい風呂の日)の『たらい湯』

人気キャラクター「カピバラさん」

人気キャラクター「カピバラさん」

2016年は「カピバラのゆず湯」20周年!

平日は13:30〜の1日1回、土・日曜、祝日と、冬休みおよび春休みの期間には、10:30〜・13:30〜の1日2回カピバラたちが露天風呂に入ります。

さらに2017年1月15日(日)13:30〜は第5回を迎えるおなじみの「カピバラの長風呂対決」、他にも、菜の花やリンゴ、つばきなど季節の花や野草・果実を入れる「カピバラの変わり湯」など、さまざまなイベントを実施。
今回は人気キャラクター「カピバラさん」とのコラボレーションが例年よりグレードアップし、ウォークラリー「カピバラさんを探せ」や、レストランではカピバラさんコラボメニューが登場しています。
「カピバラのゆず湯」は、平成8年に鼠(ねずみ)年を記念してこの年の冬至からスタートし、今年で20周年を迎えます。
20周年記念の「カピバラのゆず湯」は、2016年12月17日(土)~2017年1月9日(月・祝)の10:30~と13:30~の1日2回開催。
カピバラ変わり湯「バラの湯」は、2017年3月18日(土)~3月20日(月・祝)に実施。

第5回カピバラの長風呂対決
伊豆シャボテン動物公園、長崎バイオパーク、埼玉県こども動物自然公園、那須どうぶつ王国の4園国を代表するカピバラが対決。一番長く風呂に入っていたカピバラの優勝となります。2017年1月15日(日)13:30〜開催。
カピバラゆず湯

カピバラゆず湯

バラの香りにご満悦!

バラの香りにご満悦!

元祖カピバラの露天風呂(伊豆シャボテン動物公園) DATA

開催日 2016年11月19日(土)~2017年4月9日(日) 、毎日開催
時間 平日は13:30〜(1日1回開催)
土・日曜、祝日・冬休み・春休みは10:30〜、13:30〜(1日2回開催)
冬休み期間は2016年12月17日(土)~2017年1月9日(月・祝)
春休み期間は2017年3月18日(土)~4月6日(木)
営業は3月~10月9:00~17:00、11月〜2月は9:00~16:00
料金 入園料大人2300円、70歳以上1900円、小・中学生1100円、幼児(4歳以上)400円
所在地 静岡県伊東市富戸1317-13
場所 伊豆シャボテン動物公園
電車・バスで 伊豆急行伊豆高原駅から東海バスシャボテン公園行きで20分、終点下車すぐ
ドライブで 西湘バイパス石橋ICから真鶴道路、熱海ビーチライン経由17kmで熱海サンビーチ。さらに国道135号を31km走ったグランパル入口交差点を右折、大室山方面へ約1.5km
駐車場 200台/500円
問い合わせ TEL:0557-51-1111
公式HP http://izushaboten.com

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!