第40回伊豆高原桜まつり ステージ1『おおかん桜まつり』(伊東市)

伊豆高原駅前にひと足早く咲く大寒桜 (オオカンザクラ)。そのルーツは、現在の埼玉県川口市安行。田中一郎邸にあったカンザクラの一種で、安行の小清水亀之助によって広められたため、安行寒桜(アンギョウカンザクラ)の別名も。ソメイヨシノよりひと足(1週間ほど)早く咲くため、人気が高い桜です。

伊豆高原駅前では3月中旬に桜の花見が楽しめます!

ソメイヨシノよりひと足早く咲く、伊豆高原の大寒桜

ソメイヨシノよりひと足早く咲く、伊豆高原の大寒桜

大寒桜 (オオカンザクラ)は、寒緋桜(カンヒザクラ)と山桜(ヤマザクラ)、あるいは寒緋桜(カンヒザクラ)と早咲きの大島桜(オオシマザクラ)の雑種と考えられています。

また、大室山(おおむろやま)の麓にある「さくらの里」でも早咲き大島桜(ソメイヨシノと大島桜の交雑種/3月上旬〜中旬)、城ヶ崎桜(カンヒザクラと大島桜の交雑種/3月上旬〜中旬)、大寒桜(オオカンザクラ/3月上旬〜中旬)などが見頃を迎えます。

「さくらの里」に咲く大島桜

「さくらの里」に咲く大島桜

大寒桜のルーツは埼玉県川口市安行!

寒桜(カンザクラ)とは異なる種で、大輪で下向きに咲き、開花時期も遅いのが特長。花は中輪、花弁枚数は5枚で、一重咲き。淡紅色。
花弁の先端に細かい切れ込みがあるのが特徴です。
学名は、Prunus x kanzakura cv. Oh-kanzakura。
ルーツの川口市では、安行原の密蔵院などで咲くほか、埼玉高速鉄道川口元郷駅前の並木道でも美しく花を咲かせます。

大寒桜(安行桜)

大寒桜(安行桜)

 

伊豆高原桜まつり ステージ1 DATA

開催日 2017年3月11日(土)〜3月12日(日)
所在地 静岡県伊東市八幡野八幡野1183
場所 伊豆高原駅前
電車・バスで 伊豆急伊豆高原駅からすぐ
問い合わせ 伊豆高原桜まつり実行委員会 (伊豆急行内)TEL:0557-53-1116
(9:30〜18:00、土・日曜、祝日の除く)
公式HP http://itospa.com/izukogen-sakuramatsuri/

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!